移動中の子どもの退屈対策に夫の〇〇が大活躍!

旅行や帰省などの長時間の移動、小さな子どもはどうしても退屈してしまいがちですよね。
退屈対策グッズをたくさん準備して備えている方も多いのではないでしょうか。
わが家の息子たちの場合、たくさんの退屈対策グッズよりも、夫が身に着けいていたあるアイテムがとっても有効でした!

iStock.com/tupungato

iStock.com/tupungato

家族そろっての初めての遠出。
新幹線や飛行機など公共の交通手段を使用する場合、子どもたちが座席でじっとしていられるか否かは、親にとって旅のクオリティを大きく左右する要素の一つ。
子どもたちがぐずったり泣いたりして、周りの方に迷惑をかけてしまわないか、出発前から不安に思う方も多いのではと思います。

つい先日のこと、私も3歳と5歳の息子たちを連れて、新幹線で片道およそ3時間の旅行に出かけました。
旅行当日までに「子どもの退屈対策」についてしっかり情報収集。
音の出ないおもちゃやシールブック、好物のおやつなど、子どもたちの退屈しのぎになりそうなアイテムをいろいろと準備しました。

そして、旅行当日。
乗り物大好きなわが家の息子たちは、興奮しすぎて妙なテンションに。
窓を開けて外を見ようとしたり、座席を立って車内を探検しようとしたり。
わざわざ昼食後の眠くなる時間帯を予約して、「あわよくば移動中をお昼寝タイムに…」と思っていたのですが、とてもお昼寝どころではありません。

それでも、1時間もすると興奮も徐々に治まり、それと同時に子どもたちは退屈し始めてきました。
今こそ!と、あらかじめ準備していた退屈対策グッズを提供してみましたが…。
さほど効果はなく、次第にぐずり始めた子どもたち。

「あと2時間…」

夫と顔を見合わせてぐったりしかけたその時。
長男が夫の腕を見て、突然びっくりしたような声を上げました。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ