ママとの秘密、パパには内緒!でもお兄ちゃんには自慢したいボク

お子さんと二人だけで美味しいものを食べたりした時、「内緒ね!」と小さな秘密を作ってしまうことはありませんか?
3歳の次男は、そんな秘密を夫に打ち明けることは決してありません。
でもなぜか、お兄ちゃんには自慢したくて仕方がないのです…。

iStock.com/andresr

iStock.com/andresr

3歳の次男は現在、幼稚園や保育園などの通園施設に通っていません。
そのため、平日の日中は母親である私と二人で過ごしています。
とはいえ、自宅に閉じこもってばかりでは次男がかわいそうなので、なるべく外出する機会を作ってあちこちお出かけをしているのですが…。

お出かけの最中につい目に入ってしまうのは、食欲をそそるような飲食店の看板たち。
ついつい誘惑に負けてしまい、時には二人でアイスクリームを食べたり、ファミリーレストランでランチをしたりすることも。

そんな時、保育園に通っている長男や仕事をしている夫への罪悪感もあって、「内緒ね?」と小さな秘密を二人で共有。
次男も笑顔で口に人差し指を当てて「しー!でしょ!」。
いかにも自信満々の様子で応えてくれるのはいいのですが、この「秘密」は、なぜか夫だけに有効というルールのようなのです…。

私が「秘密ね」と言っておきながら、つい夫に「今日はファミレス行っちゃった」と話してしまった時のこと。
夫は「今日、何食べてきたの?」と、次男に話を振りました。すると次男は「食べてない!」と即答。
「えー?ホントはお子様ランチ食べてきたんじゃないのー?」
面白がってたたみかけてくる夫に対して、次男は無表情で「ボクは何にも食べてない」と、頑なに口を割りません。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ