戦隊モノ批判のママ友。我が子が暴力的なのに気づいてない?

男児ママになって、初めて足を踏み入れた世界、それは戦隊モノです。仮面ライダーやウルトラマン、戦隊ヒーロー等、小さな男の子を魅了する、格好良いヒーロー達。最近は、イケメン若手俳優の登竜門でもあるため、ママにとっては目の保養です。そんな親子で楽しめる戦隊モノに、水を差す人物がいました。

iStock.com/Vesnaandjic

iStock.com/Vesnaandjic

皆さんのご家庭では、お子さんの見るテレビ番組について、ルールはありますか?

筆者のまわりでは、家庭によって千差万別。我が家は、子供が興味を持った番組なら、なんでも視聴OKで、テレビの視聴時間も、特に決めていません。一方で、NHK教育テレビしか見せない、1日に見られるのは1番組(30分アニメ)だけ、そもそもテレビがない。そんなルールの家庭もあります。

こうしたルールの違いは、テレビに限られたことではありません。
携帯電話をいつ持たせるのか。
ゲームはいつ解禁するのか。
お小遣いは何歳からあげるのか。
それは親御さんが、我が子のことを考えて決めるルールなので、お互い口出しすることではないと思うのです。

ところが、よその家庭のテレビルールに文句をつける、困ったママがいたのです。

それは、ママ友との何気ないおしゃべりの最中。
「最近の戦隊ヒーローは、格好良い!本物の俳優さんが出てくる、ヒーローショーに行ったら、あまりの格好良さに、ぽぉっとなってしまって、隣にいる子供と旦那の存在を忘れてしまった(笑)」
そんな笑い話で盛り上がっていると、突然、4歳の活発男児がいるAさんが、口を出してきたのです。

「うちは戦隊モノの番組は、見せないの。敵だからって、暴力で解決するなんて、子供の教育上アウトでしょ?将来、喧嘩ばかりするような、暴力的な人になったら困るもの」

仮面ライダー沼にどっぷりはまり、戦隊ヒーローもこよなく愛す3歳の息子を子育て中の筆者は、「まぁそういう考えもあるよね…」と苦笑いしながら、彼女の持論を聞いていました。先ほどまで、一緒に盛り上がっていたママ達も、お子さんが戦隊モノを大好きで、おもちゃを買ったり、イベントに連れて行ったりするうちに、「戦隊モノの番組って、結構面白いよね」と詳しくなっていった人達ばかり。

彼女の持論でいくと、戦隊モノが好きな男児が集まると、暴力的な遊びしかしない!と言われているようなものですが、実際は…。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ