「なんでだろぉ〜♪」懐かしのお笑いネタを2歳児が完コピ! 保育園で大ブームのワケは…?

「ペンパイナッポーアッポーペン」。懐かしささえ感じるこのフレーズ。紅白にも出場した、ピコ太郎のお笑いネタですよね。毎年、ブレイクしては消えていく一発屋芸人。テレビで見る機会が減ると、人々の記憶からも薄れていくのですが、突然、とある場所で再ブレイクすることもあるのです。

iStock.com/robertsrob

iStock.com/robertsrob

先日、筆者の妹と会った時のこと。2歳の姪が、駆け寄ってきて、ニコニコと弾けんばかりの笑顔でこんなことを言いました。

「ライ?」

2歳とはいえ、上手におしゃべりする姪が、急に不思議な言葉を尋ねるので、「なあに?」とキョトンとしてしまいました。妹は、笑いながら「それ『ライ?』って返事してあげて」と言うので、意味が分からないまま「ライ?」と返事しました。

すると姪は、嬉しそうに「ライライライ!ラララライッ!」と歌い出すではないですか。それは、懐かしの「ラララライ体操」でした。藤崎マーケットが、ラララライ体操でブレイクしたのは、2007年ごろ。小島よしおの「そんなの関係ねぇ!はい!オッパッピー!」や、「ですよ。」の「あーい、とぅいまてーん」など、数々のお笑いネタが流行した時代です。

けれど、11年前に大ヒットした懐かしのお笑いネタを、当時、影も形もなかった2歳児が知っているのは、どういう訳だろうと驚きました。

「○○ちゃんが、生まれる前のお笑いネタなのに、なんで知っているのー?!」と尋ねると、妹はその問いに答えず、クスクスと笑いながら、手をクネクネとしてみせました。

すると、ラララライッ♪とはしゃぎながら、手足をバタバタさせていた姪が、それを見てすぐに、手をくねらせながら「なんでだろぉ〜」とおどけてみせます。

これは、すぐに分かりました!2003年に流行語にもなった、テツ&トモのお笑いネタ「なんでだろう」です。当時、ダンディ坂野の「ゲッツ」と、はなわの「S・A・G・A 佐賀!」と共に、何年にもわたって、お笑い番組で披露された大ヒットお笑いネタです。今でも、たまに「なんでだろう」の歌をテレビで見かけますが、これまた2歳児には無縁のはず。

いよいよ、謎が深まります。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ