ラン活は夏までが勝負!?最近のランドセル事情にびっくり!

就活、朝活、婚活…。世の中に「活」のつく言葉はたくさんありますが、最近ではランドセルを購入するまでの過程を指す「ラン活」と言う言葉もよく耳にするようになりました。来年小学生になる息子を持つ私は、まさにそのラン活の真っただ中。激化するランドセル事情に翻弄されています。

iStock.com/anurakpong

iStock.com/anurakpong

わが家の長男は、現在保育園の年長さんです。来年はいよいよ小学生。親としては、嬉しいような、不安なような、子ども以上にソワソワしてしまう時期でもあります。

そんな小学校入学に向けた準備のなかで一番のメインイベントと言えるのは、やはりランドセルの購入ではないでしょうか。最近では「ラン活」という言葉も頻繁に耳にするようになりました。

「6年間使うものだから、良いものを持たせたい」という保護者のニーズを反映するかのように、クオリティが高く、様々なこだわりのあるランドセルが数多く販売されているので、親も目移りしてしまいます。

長男は、どんなランドセルで学校に行くのかな…。

道行く小学生のランドセルを眺めながらも、実際にランドセルを買うのはまだ先でいいやと思っていた私。秋ごろに行われる入学説明会で必要な物品を確認してからで十分だろうと思っていたのです。

そんな矢先、義父から唐突に「一緒にランドセルを見に行こう!」と電話がありました。まだ、5月の連休が明けたばかり。

もうランドセル?と、少々びっくりしてしまった私ですが、義父から聞いた最近のラン活事情を聞いて、さらに驚くことに!

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ