運動会で二度見!ジャニオタママの応援がすごい!

幼稚園には、子供がいるという共通点だけで、年齢も仕事も趣味も、まったく違う様々なママ達が集います。違うからこそ、ママ友付き合いは面白い!と、積極的にママ達に話しかけ、色んな話を聞く日々なのですが、先日行われた運動会で、新しいタイプのママに出逢ってしまいました。

iStock.com/clumpner

3歳と5歳の子供達が通う幼稚園では、運動会が一年で一番盛り上がります。誰もが我が子の勇姿を撮影しようと、場所取り合戦が盛んになるのですが、早朝から幼稚園の門の前で並びはじめると、ご近所の方々に迷惑がかかるので、例年8時頃から保護者達が並びはじめます。

そして運動会当日の朝、「今年の運動会は、一番乗りを目指す!」と豪語していた友人からLINEのメッセージが入りました。

「いつも8時頃から並びはじめるから、今年は7時30分に行ったのに、一番乗りを逃した!ママ2人が、準備万端で、朝5時から並んでいたみたい」

朝5時から並ぶ人なんて、聞いたことがありません。一番乗りしたママの特徴を聞くと、心当たりあり…。3歳の息子と同じ年少クラスの男の子のママ達でした。

2人とも、20代半ばで、子供が幼稚園に入園してから、急速に仲良くなった様子。なにがきっかけで仲良くなったのか、どんな共通点があるのか、これまで知らなかったのですが、ちょっと興味が湧いてきました。

遅ればせながら、幼稚園の園庭についてみると、いますいます、来賓席の真横、トラックに沿って一番前の一等席にシートを敷いている2人組が。筆者も、2人組のななめ後ろの方に陣取りました。

iStock.com/PongsakornJun

iStock.com/PongsakornJun

園児達の入場がはじまった途端、「きゃぁーーー!!○○くーん!△△くーん!!」と黄色い声が飛び、驚いて見回すと、2人組がピョンピョンと座りながら飛びはねていました。我が子が見えると、手がちぎれそうなほど手をふり、「○○くーーん!△△くーーん!!こっちむいてー!可愛すぎるーー!!」と大声で声をかけています。

あれ?ここはライブ会場だったかな?それともディズニーランド?園児の行進が、まるでディズニーランドのパレードに見えてきました。周囲の保護者も、びっくりしたように、2人組を見ています。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ