宴会しながら徹夜で場所取り 運動会トラブルを解決した方法とは 

子どもの運動会は、親もやることがいっぱいです。早朝のお弁当作りに、写真やビデオ撮影!もちろん声援も忘れません。さらに運動会当日の場所取りは、想像を超えるような波乱の幕開けだったのです。

iStock.com/fz750

iStock.com/fz750

小学校の運動会は、児童が活躍する晴れの舞台です。子どもたちが毎日のように練習してきた成果を、保護者や地域の方々、他の児童に披露します。

その我が子の勇姿を、最前列で見たい!写真を撮りたい!ビデオに収めたい!と、家族にとって運動場の場所取りは、「場外運動会」なのです。

事前に運動会のプログラムと一緒に、リレーの順番、コース、団体種目の位置など個別に記された配置図まで持って帰ってくるご時世。

運動会当日は学校の開門時間より前に、配置図とレジャーシートを持って、早起きしたお父さんたちが行列をつくるのが風物詩に。しかし年々1番争いが激化し、前日から並ぶツワモノが出現するようになりました。

前日から並び、時間を持てあましたお父さんたちは、なんと椅子とビールを持ちこみ宴会をはじめました。さすがに近所迷惑だと警察が出てくる始末になり、学校から厳重な通達が保護者に流れました。しかし、ルールを守らず並ぶ人が後を絶ちません。このままでは運動会の開催に影響が出る恐れが…。

iStock.com/kyoshino

iStock.com/kyoshino

そこで、校長をはじめとする学校とPTAとが話し合い、「運動会の場所取りは、前もって入場順番のくじ引きを実施する」と決定しました。

みんなが公平に参加できるように、「日曜日と月曜日朝10時から13時まで各家庭1回くじ引き」が実施されることになりました。

1 / 2

この記事もおすすめ