真夏のヒヤリ体験!海の家にいた子は実は迷子だった

子供も夏休みに入ると、家族で色々なレジャーを楽しみますよね。人手が多い場所では子供もはぐれやすく、うっかり目を離すと迷子になってしまうことも。今回は我が家で海水浴に出かけた時に体験した、思わぬ迷子との出会いをご紹介します。

先日私と夫、6歳の長男と3歳の次男で海水浴に出かけました。一年ぶりの海に我が家の兄弟は大興奮。水中ゴーグルに浮き輪、ラッシュガードのフル装備で、夫に連れられながら海水浴を楽しんだり、波打ち際で砂のお城を作ったり、遠方に住む義両親のお土産に貝殻を拾ったりと楽しみました。

8時半のオープンと同時に海水浴を楽しんでいたのですが、あっという間にお昼の時間。お腹すいた~と子供たちが言い出したため、お昼ご飯を買いに行くことにしました。

海の家は限られたスペースしかないため、持ち帰りができるものをそれぞれ購入して、サンシェードの中で食べることにしました。夫と長男、私と次男で二手に分かれて、それぞれトイレ休憩と食料調達に出ました。

次男のトイレを済ませた後に、海の家によって持ち帰りのできるものを購入しました。ご夫婦におじいちゃんおばあちゃんとご家族で経営している海の家で、焼きそばやラーメンのおいしそうな香りが漂ってきます。

汁物は夫と長男チームに任せていたので、私と次男はアメリカンドックや焼きいかなど、片手でつまめるものを海の家で注文して、持ち帰ることにしました。

注文し終わって出来上がるのを待っていると、ちょうど次男と同じくらいの男の子が話しかけてきました。

「どこから来たの?」とニコニコ笑顔で人懐っこい、かわいい男の子です。「ここのおすすめはラーメンだよ」とセールスしたり、「ほら!待っているから早く作ってあげてよ」とレジ係のおばあちゃんに話しかけたりしていたので、私は『ああ、この海の家の子かお孫さんかな』と思いました。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ