学校行事の相次ぐ中止にモヤモヤ

今年の暑さは本当に異常でしたね。テレビでも連日、暑さに対して注意が呼びかけられました。そんな中、学校もいろいろと対策に追われているようなのですが、届くのは行事の中止連絡ばかりでなんだかモヤモヤした、という体験談です。

iStock.com/SGiardina

iStock.com/SGiardina

わが子が通う小学校は、特別教室以外エアコンがありません。7月の異常な暑さのときは、やはり気分の悪くなる子もいて心配でした。

熱中症予防のために、学校もいろいろ考えているようなのですが、終業式を終えて帰ってきた子どもたちが持って帰ったプリントを見てびっくり!

まず、終業式は体育館にみんなが集まるのは危険だということで、教室での放送による終業式になったそうです。確かに体育館は暑いし、たくさんの人が入ると倒れる子たちが出るかもしれませんので仕方ないですね。

続いて、毎年夏休みに5、6年生の希望者が参加していた県の陸上競技記録会への参加も辞退することになりました。理由は「大会当日だけでなく、練習中も熱中症の心配があるため」。
去年も記録会に参加して、今年の記録更新に期待をよせていた6年生の長女はがっかり。大会自体は開催されるのに、もっと何か方法はなかったのかと残念で仕方ありません。

そして、夏休みのプール開放も中止。夏休み勉強会も中止。

勉強会はエアコンのある特別教室で行われるので大丈夫かと思っていましたが、「登下校中も熱中症のおそれがあるため」中止なんだそうです。そんなこと言ってたらどこにも行けないじゃないか~!

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ