ご近所放置子に目をつけられた!うまく切り抜けた一言とは

今年の夏は、大変な暑さでしたね。我が家には、公園好きな息子がいるので、ジリジリと焼けるような猛暑の中、汗をかきながら公園へ行き、熱せられたホットプレートのようなすべり台に「熱い!!」と泣き出す息子を慰めて…それはもう苦労しました。
おや、あちらの公園では、別のママが苦戦しているようですよ。覗いてみましょう。

iStock.com/Hakase_

iStock.com/Hakase_

友人のAさんは、「公園族」というあだ名がつくほど、毎日、子供の公園遊びに付き合ってあげています。平日は、ほぼ毎日公園へ行って遊び倒します。週末は、旦那の車で大きな公園に行き、家族で公園遊びをします。天候なんてお構いなし。彼女の娘が、1歳になる頃から3歳の今まで、猛暑でも、大雨でも、台風の時以外は、いつも公園にいました。

公園にいるママ達は、日陰で子供を見守りながら、スマホをぽちぽち…そんな風景も珍しくありませんが、Aさんは違います。子供と鬼ごっこをしたり、泥だらけになって遊んだり、花や草を潰して色水をつくったり…と、子供と一緒に全身全霊で遊んでいます。独身時代、真っ白だった彼女の肌は、気付ば健康的な小麦色になっていました。

今年の春、Aさんの娘は、幼稚園に入園しました。
「やっと公園族から、卒業できるね」
お互いの子供が幼稚園に行っている間、Aさんとランチをしながら、こんな話をしました。ところが、彼女は、首を横にふるではありませんか。

「それがね…幼稚園が午後2時に終わるから、降園後に毎日、公園に行ってるの。夕方5時頃まで、うちに帰ってくれなくて、もうヘトヘトだよ」

彼女の苦労を労っていると、こんな愚痴が飛び出しました。

「それよりも、付きまとってくる子がいてね…」

詳しく聞いてみると、こんな話でした。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ