それって大丈夫?気をつけたい保育園の園庭でのマナー

iStock.com/metamorworks

iStock.com/metamorworks

 我が家の子どもが利用している保育園は、園庭のすぐ横に送迎時保護者が車を止める駐車場があります。この駐車場はそんなに広くないので、送迎の時間帯によっては駐車場が混雑することも多々あります。混雑を避けるために送迎の時間帯をわざとずらすママもいるほど。しかし一般的に保育園は働く方が利用するので、送迎の時間帯が同じ時間になりやすく、混雑は避けられません。お互い迷惑にならないよう早めに保育園をあとにします。

 そんななか、駐車場の混雑に気付くことなく、車を駐車し続ける人がいます。それは園庭遊びでの会話に夢中になっているママたちです。仲良くなったママとの会話はとても楽しいし、何より子どもが楽しく遊んでいます。駐車場の混雑なんて目に入りません。でも、冷静になってください。実は、駐車場の混雑で迷惑しているのは保護者だけではないんです。

 実は駐車場の混雑で一番迷惑しているのは保育士の方だったのです。保護者の駐車場の奥に車を駐車しているため、車を出すことができず帰宅できません。職員室の窓から帰宅したいけど帰宅できない保育士が、何か言いたげな表情でじーーっと園庭を眺めておりました。その様子を、保育室の中からひっそり眺めていた私。「あーそうだよね。駐車場が混雑して困るのは保護者だけじゃないよね」

 その翌日、保育園の玄関には、「お願い」の張り紙が張り出されていました。『保護者の方へ  子どもたちを園庭で遊ばせるのは5時30分までにしましょう。子どもたちは保育園でたくさん遊んで疲れています。早めに家に帰りゆっくり体を休めるようにしてください』 子どもたちの疲労に駐車場問題。もしかしたら保育士の中には同じように子育て奮闘中で、早く我が子をお迎えに行きたいママもいるかもしれません。

 新米ママにとって、園庭遊びの時間は大切な情報交換の場でもあるけれど、マナーも大切。そして、ちょっと目線を変えて冷静にまわりを見ることも大切です。「お互い思いやる気持ちが大事だなぁ」と感じた出来事でした。

2 / 2

※情報は2018.12.11時点のものです

Mee☆mam

小学2年生と年中の2人男児ママです。子供たちから日々学ぶことばかり。事務職とライターの2足のワラジでやってます。

この記事もおすすめ