イマドキ常識?衝撃を受けたママ友のお弁当事情

我が子の通う幼稚園はお弁当制のため、毎朝愛情を込めてお弁当を作っています。だんだんレパートリーに悩んできたころ、ママ友のお弁当事情を耳にしました。予想外のお弁当メニューに衝撃を受けたお話です。

iStock.com/jreika

iStock.com/jreika

4歳の娘が幼稚園に通い始めたとき、なかなか幼稚園に慣れずに毎日泣きながら登園していました。

娘が通う幼稚園は給食がなく、毎朝お弁当を用意します。せめて幼稚園が楽しくなるようにと、お弁当には好きなおかずばかり入れてあげていました。

娘は好き嫌いが多く、他のおかずを入れても食べないということもあり、毎日コロッケとウィンナーと海苔で目鼻口を作ったパンダおにぎり。

キャラ弁風のパンダおにぎりの効果か、娘は毎日お弁当を完食!

iStock.com/paylessimages

iStock.com/paylessimages

娘の通う幼稚園は、年に1回「お弁当参観」がありました。

他の子がどんなお弁当を持ってきているのか興味津々。覗いてみることに!

そこには色とりどりのお弁当が。さやから出した枝豆が串刺しにしてあったり、きれいなだし巻きたまごが入っていたり。

サンドイッチや巻き寿司などママ達の気合いが入ったものがたくさんありました。

なかにはきんぴらごぼうや切り干し大根の煮物、筑前煮など大人が好みそうなおかずを美味しそうに食べる園児も。

「え?こんなおかず食べてくれるの?!」

驚きと同時に我が家の食育にちょっと自信喪失してしまいました。

そして1学期の終わり、幼稚園の先生との面談で「お弁当のおかずが毎日同じなので、たまには変えてあげてください」と指摘される始末。

苦手なおかずでもお友達が一緒なら雰囲気で食べられることもあるのだとか。先生のアドバイスをもとに、毎日一品だけ新しいおかずを入れてみることにしました。

しかし今まで完食だったお弁当が、毎回新登場のおかずだけ残すように。筋金入りの好き嫌い!

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ