手づくりの離乳食がかわいそう? 姑のびっくり発言の理由

 子どもの健康のために、離乳食はすべて手づくりしようと決め、本を買って日々勉強していました。そんなある日、姑から耳を疑うような言葉がでてきました。

iStock.com/SerAlexVi

iStock.com/SerAlexVi

 週に何度か、連絡なしに訪問してくる姑。ある日、0歳の長男のごはん前にたくさんの荷物を持ってやってきました。荷物の中には市販の瓶詰ベビーフードが十数個。「小さい子が食べるものはおいしくなさそうなものばかりだったから、おいしそうなものを選んできたよ!」笑顔で持ってきた姑には申し訳ないですが、離乳食は手づくりにしようと考えていたので、正直困ります。

 離乳食教室でも、市販のベビーフードは味付けが濃いから、外出や緊急時に食べさせるようにと言われていたのに、姑は毎日食べさせるものとして買ってきたようでした。しかも見た目重視で、対象月齢ではないものばかり。「これはまだあげられないです」と伝えると、対象月齢になるまで取っておけばいいと…。 「お義母さん、離乳食は手づくりのものをあげたいんです」とやんわり伝えると、「手づくりの離乳食なんてかわいそうだね」と一蹴!! 

 頭が真っ白になり、顔がひきつるのが自分でもわかりました。姑は気づいてなかったようですが、怒りとモヤモヤした気持ちをどうにか抑えつつ、苦笑いで過ごしました。

 それから数日後、「今からいくけど、前にあげたベビーフードはもうないよね? どれを一番食べていた?」と…。「離乳食は手づくりしている」 「対象月齢のものではない」 「まだたくさん残っている」何度伝えても姑はベビーフードを買ってくるのをやめてくれません。消費しきれないベビーフードを見せても、「何をあげているの?」と全く声が届いていない状態…。これは嫌がらせなの? 次第に姑の来訪がストレスになり、胃が痛くなってきました。

1 / 2

この記事もおすすめ