「子育て世帯臨時特例給付金の申請はお済ですか?」~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#26

1982年1月21日、午後3時26分 この世に生まれ…早32年。

とうとうパパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。

 

あっという間に季節は…

9月になりました。子どもが生まれるとなんだかより一層早い><

 

さて子育て中のみなさん

いよいよ来月10月1日までが申請受付期限となっていますよ~~

子育て世帯臨時特例給付金!!

※ちなみに市町村で申請期限は違いますが、福岡市など県内はこの期限が多いです。

既に9月9日です。カレンダーをよく見ていきましょ!!

既に9月9日です。カレンダーをよく見ていきましょ!!

子育て世帯臨時特例給付金とは…

平成26年4月から消費税率が8%へ引き上げられますが、子育て世帯の影響を緩和し、子育て世帯の消費の下支えを図る観点から、臨時的な給付措置として行うものです。

また、児童手当の上乗せではなく、臨時福祉給付金(簡素な給付措置)と類似の給付金として、これと併給調整をして支給するものです。(以前のコラム12と13で書いています。)

 #12子育て世帯臨時特例給付金ってなに??その1

#13子育て世帯臨時特例給付金ってなに??その2

 

それには申請が必要だと話しましたが…

いよいよ来月10月1日までとなっています。

 

ということは今月中にしかっと申請しておかねばなりません。

 

私がこの給付金のことを知ってから早4ヶ月ほど…

寝ても覚めても市町村からその申請書が届かない。

 

どういうことだ!!貰えるものは貰っておきたいのに…。

 

市町村に問い合わせようかな~と思う直前…

改めて自分で調べてみました。

 

そしたら…なんとなんと…

我が子は対象外でした><

ガビ――――ン。ショックです。

ガビ――――ン。ショックです。

こういう条例などは、なんか文面が分かりつらく…

なんだか理解が出来ないという人も多いはず。

 

貰えると思いつつも…違ったりする私のような人もいると思うので…

簡単に説明します!!

 

今回の「子育て世帯臨時特例給付金」ですが…

よく分かっておくべき点を何点か。

 

・「平成26年1月1日以降の生まれの子どもさんは対象外です。」

 

この給付金の条例には、基準日というのがあります。この基準日が平成26年1月1日となっており、この日を基準として給付の対象の線引きがあります。

 

そう…私はここを理解していなかったのです><

 

簡単に言えば…

平成26年1月2日からその後に生まれた子どもさんには給付がないのです!!

この線引きが大切でもありつつも、1月2日生まれの方にとっては痛い。

この線引きが大切でもありつつも、1月2日生まれの方にとっては痛い。

・「公務員として働いている人は申請の仕方が違います。」

 

一般的には、お住まいの市町村より送付する一般世帯向け「臨時福祉給付金・子育て世帯臨時特例給付金申請書」(併用申請書)をもって申請致しますが,公務員の方の子育て世帯臨時特例給付金の申請はできません。

 

そう…公務員の方は、そのお勤め先からの文章や申請書をもって申請となりますので…

ご注意くださいね。

 

・「給付金はすぐには手に入りませんよ。」

 

申請してすぐその場で支給金が手に入るわけではないです。

そもそも児童手当が入っている口座があったりしますよね?

そこに振り込まれ、申請から1~2か月かかるとのことです。

 

きっと対象に該当する子育て中の皆さんのもとには…

すでに申請書が市町村より届いていると思います。

 

残り1か月もないので…

きっと受付窓口などは徐々に多くなったり混乱したりするはずです。

 

何度も言いますが…

「貰えるものは貰わないと!!」

 

申請はお忘れなく、お早めに!!

善は急げです。行ける時にお早めに申請を出しましょ!!

善は急げです。行ける時にお早めに申請を出しましょ!!

にしても…期待していた分、残念だww

 

平成26年1月2日に生まれた子どもにはないのはなんとも。

その線引き…必要ですが…子育て世帯には違いないんですけどね~。

 

→#27 「食欲の秋…離乳食はどうですか?」その1につづく。

 【毎週火曜日正午更新】

※情報は2014.9.9時点のものです

やのっちパパっち 矢野浩樹

福岡県朝倉市出身。大学卒業後、独学で保育士資格を取得。その後、学童保育指導員・保育士・子育て支援アドバイザーを経て…現在も子どもや若者育成の仕事に携わる。常に子どもたちと触れ合うここ数年。プライベートでも福岡などで多方面に活躍中。(マダガスカルのクバーラなど)現在32歳、今年1月31日に待望のパパとなる。これまでに保育士として幼児と関わり、アドバイザーとして「子育てとは?」を唱えてきたそんな「ド素人以上プロ以下の新米パパ」の子育てコラム。毎週火曜昼下がりに更新中!

関連タグ

この記事もおすすめ