「おしっこ出ない!」初めての汲み取り式トイレに苦戦する次男

 私たちが毎日当たり前に使用しているトイレ。もしこのトイレがある日水洗ではなく、ポットントイレになったらあなたはどうしますか? 今回は、ある日突然、そんな状況にさらされた次男のポットントイレ奮闘記をご紹介します。

iStock.com/AND-ONE

iStock.com/AND-ONE

 次男のトイレトレーニングが完了した、おととしのお正月のお話です。家族4人で私の実家へ帰省することになりました。次男は特に苦戦することもなく、帰省前にはおむつが外れ、荷物が減った!と浮かれ気分でした。実家に到着するなり「ママおしっこ!」と尿意を訴えた次男。「ちゃんと言えて偉いねー」と次男を誉めつつトイレへ行きました。しかし便器の前に立つと次男はいきなり硬直し動かなくなりました。

「どうしたの? ほらおしっこしよう!」とズボンを降ろしかけながら言うと、目を丸々とさせ、ズボンを降ろされまいと必死につかみ「トイレに落ちちゃうよーーー!!」と叫んだのです。
 それもそのはず。実家のトイレは、今にしては珍しい汲み取り式のポットントイレだったのです。

「大丈夫! ママがしっかり捉まえているから絶対落ちないよ~」と次男に言いおしっこを促すも、「出ない! おしっこ出ないよ!」と次男は頑なにおしっこを拒否。そのままトイレから出ました。
 トイレを出て数分…もじもじした様子の次男は、そのまま部屋でお漏らしをしてしまい、罪悪感からかしくしく泣きだしてしまいました。せっかくおむつが外れたのに、なんとかならないかと思い、夫に相談することに。

「そうだ! 近くの道の駅のトイレへ行こう!」と夫が提案し次男を道の駅のトイレに連れて行ってくれました。次男にとって、落ちない水洗トイレに安心したのか、道の駅では問題なくおしっこをすることができました。しかし、いくら実家のすぐそばに道の駅があるからといっても、私の実家は日本海側の雪が積もる地域。そのため次男のトイレのたびに道の駅へ行くことはできません…。

1 / 2

この記事もおすすめ