義母はお姫様!? 義母を最優先させる夫の改心

 何でも自分で決めたがる義母。そんな義母を最優先する夫にストレスを感じていました。しかし、あることをきっかけに夫の態度が変わったんです。そのおかげで苦手だった義母とも仲良くなれました。

iStock.com/SilviaJansen

iStock.com/SilviaJansen

 義母は何でも自分中心ではないと嫌という人。家族や親せきもそんな義母の言いなりで、まるでお姫様のような扱いでした。

 私たちの結婚式も、会場からお料理、引き出物まですべて義母が勝手に決めてしまいました。こちらの話を聞かずに勝手に話を進める様子を見ていると、この先の結婚生活は大丈夫だろうかと、少し不安になったのを覚えています。結局、とても楽しそうに結婚式の手配をしている義母を見て「まぁ…いっか…」と見守ることに。

 しかし義母にとって初孫である娘が誕生した後、お姫様のワガママはさらに強くなりました。

 当時の義母の口癖は「○○さんのところには負けられないわ!」。○○さんの孫が習い事を2つしていると聞けば「うちは3つよ! 子供の可能性を広げてあげるのは親の務めでしょ?」と、なにかと張り合っています。

 また、熱心に娘を預かりたいというので家を訪ねてみると、「○○さんとのお茶会に連れて行くのよ! どのドレスがいいかしら?」と、見たこともないドレスが大量に出てきました。

「え? 娘は着せ替え人形? 勝手によその孫と競わせたり、着飾らせたり、娘は義母のモノじゃないわ!」

 口には出さなかったものの、義母の娘に対する扱いにかなりの衝撃をうけました。

 普段は世話好きでとてもいい義母。小さい子がいては大変だからとお惣菜を届けてくれたり、私が体調を崩すと病院へ送迎してくれたりします。ところが、自分の思い通りにならないと豹変。息子である夫は小さい頃からそういう環境で育っていたので、なんでも義母の言う通りに…というスタンスです。

 私が困っていても夫は、「面倒だから義母を怒らせないで。ちょっとくらい君が我慢できない?」と、義母のご機嫌を伺うばかり。

「私の子どもなのに、全部お母様が決めてしまう…子育ての楽しみが奪われていくようで悲しい…」

 義母のことで思い悩むことが多くなったある日、夫を取り巻く環境に変化が現れました。

1 / 2

この記事もおすすめ