そこ気になる?! クリスマスプレゼントを渡す順番に難癖つけた姑

 気づけば、もう年末まであと1~2ヵ月。そろそろ「子供に渡すクリスマスプレゼント何にしよう」と頭を悩ませている親御さんも多いことでしょう。おや、姑の愚痴をこぼしている女性がいますよ。去年のクリスマスに、なにやらいざこざがあった様子です。

iStock.com/lisegagne

iStock.com/lisegagne

「ねぇ、祖父母からのクリスマスプレゼントは、どうやって渡している?」

 友人が尋ねてきました。彼女は、30代のワーキングマザーで、同世代の旦那さんと、小学生になる息子さんがいます。彼女の実親も、義親も健在で、現在は、義実家の近くに別居で暮らしているのですが…この姑が、ちょっと厄介なんです。

 なんでも嫁がやることは、気に入らず、些細なことが気になる姑。なぜか嫁の実家ばかり得していて、旦那の実家はないがしろ。孫は、嫁の実家ばかりに懐いていると、思い込んでいるのです。
今どき、別居とはいえ、嫁が義実家のそばに住んでくれるなんて、ちょっとは嫁を大切にしてくれても…と思うのですが、嫁は婚家に尽くすべき!と本気で考えているようです。

 例えば、帰省についても一悶着ありました。普段は、義実家のそばで暮らしているので、お盆と正月くらいは、実家でゆっくり過ごしたいと思い、旦那経由で「今度の正月は、○○(嫁の故郷)に行くね」と伝えてもらいました。すると、すぐに姑から電話がかかってきて、こんな愚痴を聞かされるのです。

iStock.com/imtmphoto

iStock.com/imtmphoto

「いいわよねぇ。嫁ちゃんのご両親は。ずっと泊まっているから、孫ちゃんも懐いてくれるでしょう。うちなんて、いつも日帰りだからねぇ…きっと孫ちゃんも、うちよりも、嫁ちゃんのご両親の方が、大好きなんでしょう」

 いつもは、こんな愚痴を「はー、すみません、そんなことありませんよ」と受け流していましたが、昨年のクリスマスに姑から難癖をつけられたことは、聞き捨てならないものでした。

 昨年、息子さんには、3つのプレゼントが準備されていました。1つ目は、サンタさんからのプレゼントという名目で、友人夫婦が準備した新しい自転車。2つ目は、実家の祖父母が贈ってくれた、手作りケーキのキット。そして3つ目が、義親が準備したブロックでした。一度に3つのプレゼントを渡してしまうと、子供が誰から貰ったものか分からず、感謝しないかも…と懸念して、時期をずらして渡すことにしました。

1 / 2

この記事もおすすめ