時代に合わせて進化!リバイバル玩具のたまごっちが面白い!

 もうすぐ平成も終わりますが、平成を代表する大ヒット玩具といえば、なにが思い浮かびますか? 30代半ばの筆者が、中学生の頃に大流行したのが「たまごっち」でした。20年ぶりに、5歳になる我が子が欲しいと言ったのが、その後継となる「Tamagotchi m!x(たまごっち ミックス)」。あまりの進化に驚きました!

誕生日にたまごっちをプレゼント

誕生日にたまごっちをプレゼント

 5歳の娘の誕生祝いに、たまごっちの最新機種「Tamagotchi m!x」をプレゼントしました。ずっと欲しがっていた娘はもちろん、20年ぶりの筆者も懐かしくて、さっそく電池をいれると…カラー画面です! 白黒画面でたまごっちを育てていた筆者にとっては、驚きの進化でした。

 さらに、新しいたまごっちは結婚をすることもできるのです! 赤ちゃんのたまごっちを、ミルクと卵ボーロで育てて、お友達を増やすうちに、プロポーズをしたり、されたりして、結婚します。娘が「指輪を買って、プロポーズしたのに、断られた…」とガッカリしている姿を、微笑ましく見守ります。「はじめて会うお友達にプロポーズされたの。強引だったから、結婚しちゃった!」と言うのにギョッとすることも…。強引な男に言い寄られて、なんとなく結婚するのは、たまごっちの世界だけにしておくれ…と内心ヒヤヒヤしています(苦笑)

 ちなみに、結婚後は、親の遺伝子を引き継いだ子どもが生まれるので、何世代にも渡ってたまごっちを育成することもできます。育成機能が進化していて、面白いですよね。

 また私の記憶では、旧たまごっちは放置すると、すぐ死んで、おばけっちになってしまいました。そのため、自分も含め子ども達は、学校にこっそりと持っていって、たまごっちのお世話に励んでいたのではないでしょうか。もちろんすぐにばれて、先生に叱られて没収されたり、学校内でのたまごっち禁止令が出たりするほど、当時は誰もが、たまごっちを育てていたように思います。

 学校に持っていかないと、おばけっちになってしまう…と焦った子ども達は、親に「ちゃんとお世話してね! うんちしたらお掃除して、ごはんもあげてね!」と迷惑なお願いをすることも度々。我が家は、母が忙しく、父は自営業で時間があったので、父に日中のたまごっちをお世話してもらっていました。学校にいる間はもちろん、夜寝ている間に「おばけっちになったらどうしよう」と夜更かしをしてお世話をしたこともありました。

1 / 2

この記事もおすすめ