絶賛反抗期中の4歳児、精一杯の抵抗が地味すぎてカワイイ!

 4歳の次男は、絶賛反抗期。思うようにならないことがあると、すぐ怒りだしてしまいます。でも、最近は怒るだけでなく、腹いせにちょっとした嫌がらせを仕掛けてくるように…。地味すぎて怒る気も起きない、プチ嫌がらせを続ける次男の様子をご紹介します!

iStock.com/mielag

iStock.com/mielag

 わが家の4歳の次男は、どうやら最近反抗期に突入した模様。ちょっとでも気に入らないことがあると、たちまちご機嫌斜めになってしまいます。

 ご機嫌を損ねるきっかけは、親から見るとほんの些細なことばかり。夕食のおかずが気に入らないとか、公園に行きたかったのに雨で行けなかったとか。
 思い通りにならないのが歯がゆいのか、「もう! なんでなの?!」と、へそを曲げて、プンプンしてしまうのです。

 でも、最近は少しその傾向が変わってきました。腹を立てると、親に対してちょっとした嫌がらせをするようになってきたのです。

 「もう、これ開けっ放しにする!」

 今日は隣の部屋に置いてある加湿器の蓋をパカリ。でも、加湿器の中に入っているタンクの蓋は閉まっているのだから、加湿器の蓋を開けようが、使用上、特に問題はありません。強いて言えば、ちょっと見栄えが悪いくらい? それでも、次男は「すごく悪いことをやり遂げた」という気分になって満足したのか、部屋のドアを自分で丁寧に閉めて、戻ってきました。ドアを閉めたせいで、蓋を開けっ放しにした加湿器は見えなくなってしまいました。結局、何がしたかったの?と思わずきょとん。

 ある時は「もう靴下脱ぐ!」と、いきなり自分の履いている靴下を脱いでみたり、ある時は「引き出し全部開ける!」と、リビングの引き出し全てを3cmずつくらい開けてみたり。そして、またある時は「お父さんの眼鏡外す!」と、夫の眼鏡に手を伸ばし…。

1 / 2

この記事もおすすめ