お年玉の使い道は…小金持ちになった4歳息子が、おとこ気を発揮!

 子どもの頃は、金額が大きいほどうれしくて、大人になると、負担になるもの。それはお年玉です。わが家には6歳の娘と4歳の息子がいるのですが、今年初めて、子どもがお年玉を管理するようにしました。すると息子に変化が! 小金持ちになった彼は、どうなったのでしょう。

iStock.com/kana

iStock.com/kana

 あなたのおうちでは、お子さんのお年玉、使い道に口を挟みますか?

 わが家は、今年初めて、6歳娘と4歳息子にお年玉を渡して、自分で管理するようにしました。昨年まで、親からのお年玉は、お金の代わりにお菓子の詰め合わせを渡していました。祖父母から孫へのお年玉は、「なくなるといけないから、ママが預かるね」と手渡されたそばから回収し、子ども名義の銀行口座に入れていました。

 お小遣いをあげるのも、小学生からと考えていたわが家。お年玉も、例年通り、親が管理するつもりでしたが、あることがきっかけで考えが変わりました。

 それは、初めてのおつかい。テレビで同じ年頃の子どもがおつかいをしている様子を見て、「私たちもおつかいをやってみたい!」と言い出したのです。ちょうど福神漬けが欲しかったので、徒歩5分のコンビニまで、子どもだけで買い物に行かせることにしました。千円札を渡し、「福神漬けを1パック、あと一つずつお菓子を買ってもいいよ。おつりはちゃんと持って帰ってきてね」と伝えて送り出したら、20分後にようやく帰ってきました。袋の中には福神漬けが一つ。お菓子は入っていません。帰ってきた子どもたちを褒めながら、「お菓子は買わなかったの?」と尋ねると意外な答えが返ってきました。

 「頭の中が福神漬けでいっぱいで、お菓子のこと忘れてた! それに1,000円で何が買えるかよく分からなかったから…」

 これまでお金を持たせたことがなかったので、1,000円の価値が分からなかったのです。これはそろそろお金の使い方を覚えるべきかもと思い、お年玉をきちんと手渡すことにしたのです。

 お金の管理といっても、まだ初心者の子どもたちに、紙幣の管理は難しいはず。そこで、紙幣は自分たちの手で、銀行のATMを操作して口座に入金しました。娘は、職業体験のできる施設「キッザニア」でATMを操作したことがあったので、すいすいと入金作業をしていきます。しかし息子はATM初体験。お金が吸い込まれて出てこないので、泣きべそをかいています。「僕のお金がなくなったぁぁ」と涙ぐむ息子に、通帳を見せて、ちゃんとお金がたまっているのだと説得しました。

 500円玉や100円玉といった小銭は、手元に残しておくことにします。貯金箱か財布どちらがいいか尋ねて、財布をプレゼントすることにしました。初めての自分の財布に大喜びの2人。お年玉でもらった小銭は、財布にしまいます。

 特に、財布を喜んだのは、息子の方でした。柄は、自分で「これが格好いい!!」と選んだ仮面ライダーのもの。初めて買ってもらった財布を肌身離さず持ち歩くようになりました。ちなみに財布には、首からかけるヒモも付いていますが、落とすのが怖いのか、首からかけずに、リュックの中にきちんとしまって大事に運びます。

 こうして財布を持つようになって、急に息子が男らしく変化したのです。

1 / 2

この記事もおすすめ