度重なる義両親のサプライズ訪問に辟易

 うちの義両親はなんでも突然。遊びに来るのも、子どもへのプレゼントも、事前の相談なしにいきなりしてしまうことが多いです。今でこそ気にしないようになりましたが、義両親のサプライズに最初は気持ちがついていけずに、モヤモヤしていました。

iStock.com/maroke

iStock.com/maroke

 孫が生まれてから、義両親は突然の行動に出ることが増えました。

 わが家には2人の子どもがいて、義実家から車で片道2時間ほどかかるところに住んでいました。

 上の子を出産して間もないある日、夫へ「近くまで来てるんだけど」と義両親から連絡が入りました。

 いったいどんな用事なのか、こちらに来る予定があってわが家に来るつもりだったのなら、前もって連絡してくれればよかったのに…。

 初めての出産で、体も心も慣れない中、里帰りもせずに夫と2人で子育てに奮闘している日々でした。気軽に人に会える状態ではありません。家の中も満足に掃除が出来ていません。それでも、はるばる遠くから来て、孫を一目見たいという義両親の気持ちをむげには出来ず、家に来ることを了承しました。

 やってきた義両親の手には大量の食料。私もまだ思うように料理が作れないので、食料はありがたいです。しかし、1日では食べきれないほどのお弁当。そしてお寿司(すし)。

 外食も出来ないだろうからおいしい物を、と思って買ってきたのでしょうから、その気持ちはとてもありがたいのです。賞味期限が短いものばかりのため、夫と2人で必死に食べることとなり、なんとも言えない気持ちになりました。

1 / 2

この記事もおすすめ