夫不在で1人で出産のはずが、まさかのオーディエンスが立ち合い?

 第一子の出産は里帰り出産だったため、遠方への出張が多い夫の立ち合いは諦めていました。1人で頑張って産むぞと意気込んでいましたが、いざ陣痛が始まり、いよいよ分娩(ぶんべん)室でその時を迎えると…妊娠中には想像していなかった、まさかの展開が待っていました。

iStock.com/JazzIRT

iStock.com/JazzIRT

 現在7カ月の第一子となる娘の育児に奮闘中。出産は里帰り先の総合病院だったのですが、夫は遠方に出張中のため、立ち合い出産は諦めていました。

 夜中に陣痛が始まり、そのまま入院。最初は夫に入院したと連絡をしたり、夜食のお菓子を食べたりと余裕がありました。親切な助産師さんや母の心強いサポートを受け、痛みと付き合っていましたが、だんだんと陣痛の間隔が短くなり、ついに破水! いよいよ分娩(ぶんべん)室に入りました。

 MAXに達した陣痛に加え、襲ってくる睡魔と絶え間なく格闘し続けること10時間。分娩台で汗だくになり、ヘロヘロの私に、助産師さんが申し訳なさそうな顔をして近づいてきました。

 「お産に看護学生を立ち会わせてもいいですか? 病院研修の時間内に立ち会うチャンスはめったになくて…」とまさかの立ち会い交渉開始。

 「え? それ今聞く?」とあっけにとられた私。

 普段なら恥ずかしくて断りますが、とにかく早く無事に産みたい一心から「何人でも構いません! それより、そろそろいきんでいいですか!?」と勢いで即OK。うら若き看護学生6人が頭上で見守る中、こちらは必死な形相でいきみまくって無事出産できました。

1 / 2

この記事もおすすめ