豪華だけど高額 VS 無料だけど白黒、どっちの卒園アルバムがいい?

 新年度を迎える3月、4月は、なにかと物入りなシーズンでしたね。特に、幼稚園や保育園を卒園して、小学校へと進学する子どもたちの親御さんは、出費が続いて、内心「勘弁してくれ~」と思った方も多いのではないでしょうか。最近、友人と話していて、卒園関係でかかる費用は、園によってまちまちなのだと知りました。

iStock.com/ayaka_photo

iStock.com/ayaka_photo

 わが家の子どもたちが通う幼稚園と、友人Aの子どもたちが通う認可保育園では、卒園式の後、ホテルを貸し切って卒園のお祝いの会が開かれます。親子で参加すると、大人用のランチコースとお子様ランチがつき、1万8,000円~2万5,000円也。結構高いと思いませんか?

 ちなみにこのお祝いの会は、役員になった保護者が1年間かけて準備するものです。例えば、どんなことをするのかというと…。

 パパやママが映像編集した、園児たちや先生も参加する余興の映像や、有志のママたちが、3カ月間、練習を重ねた余興あり(今年は、フラッシュモブでママたちが踊り出しました)。また、先生たちに渡す豪華な花束があり、結婚式さながらの盛大さで、例年開催されています。

 お祝いの会当日は、専属のカメラマンが会場に入り、DVDの撮影や卒園アルバムの撮影が行われます。DVDは1枚5,000円也、卒園アルバムは1万5,000円也。お祝いの会当日は、お世話になった先生方の言葉に涙し、わが子の成長に涙し、涙腺もお財布のひももゆるゆるに。ついついDVDも卒園アルバムも購入しました。

 後から冷静に考えると、卒園式の日だけでご祝儀を越えるほどの金額が吹っ飛んでいたのです。

 同じく卒園のお祝い会も卒園アルバムもお金がかかるAとともに、「今度は小学校の入学で、運動服や文具、ランドセルと出費が多いのに、卒園するだけで、結構お金がかかるのは、きついねぇ…」と愚痴り合っていました。するとその場にいて愚痴を聞いてくれていた、友人Bが驚き顔でこう言うのです。

 「卒園にお金なんて、ほとんどかからないよ? うちの子が通う保育園では、1学年10人程度の小規模園だからか、卒園式の後に開かれるお祝いの会は、居酒屋で開催されるよ。大人は1,500円、子どもは800円で、ドリンクは飲み放題。先生たちは、プレゼントも花束も受け取ってくれないから、寄せ書きの色紙のみ。卒園アルバムだって、無料なんだよ~」

1 / 2

この記事もおすすめ