育休復帰の壁は、意地悪な先輩。スルースキルで乗り切れるか?!

iStock.com/liza5450

iStock.com/liza5450

 それから30分後、またもやBさんが、鬼のようなまなざしでAを呼び止めました。

 「子どもたちを会議室に連れて入るなんて、常識がなさすぎる! 子どもたちは、廊下で待たせなさいよ!」

 1歳と3歳児が、ママもいないのに、廊下に立ってじっと待っていられる? Bさんは、本当にそう思っているのでしょうか。Bさんの子どもは高校生なので、もう幼児期のことなんて、忘れてしまったのでしょうか。

 けれど、Aだって黙って言われっぱなしだったわけではありません。

 産休・育休中には、専業主婦として過ごしていたAは、児童館や公園、育児サークルなどで、いろいろなママと出会い、思いがけないママ友トラブルにも巻き込まれてきました。その時に培った、スルースキルを発揮する時です。AはしおらしくBさんのお説教を聞いていましたが、キャンキャンと叱るその声にかぶせるように、こんな返事をしたそうです。

 「先輩、こわーーい! それってパワハラですよ? マタハラかな? こんなにいじめられたら、私、安心して働けませんよ~(笑)」

 Aが素直に謝ってくると思い込んでいた先輩は目を白黒! 周囲の同僚たちも2人のやりとりを気にしているようで、仕事の手が止まっています。1歳と3歳の子どもたちよりも、Bさんの方がずっと周囲に迷惑をかけていることに、ようやく気づいたようです。

 「こっ…今度からは気をつけなさいよね」と解放してもらいました。

 皆さんも、仕事復帰する時には、思わぬ障害があるかもしれません。そんな時は、Aのように上手な切り返しで、意地悪を乗り切ってくださいね。

2 / 2

※情報は2019.4.22時点のものです

tsukuko

やんちゃな3歳男児と、おしゃまな5歳女児のママ。幼稚園、保育園、ご近所のママコミュニティを回遊中。

この記事もおすすめ