かわいそう? 0歳から保育園に入れて良かったと感じた事

 未満児が保育園に入園する時、いただく言葉は「おめでとう」だけではありません。周りからのさまざまな声に悩むこともありますが…私は、保育園に入園できて良かったと思っています。

iStock.com/kokouu

iStock.com/kokouu

 出産後、取得できる育児休業は通常1年。子どもの1歳の誕生日前日まで取得することができます。ただ、保育園が不足している地域では0歳児のうちに定員が埋まってしまうため、1歳になってから入園するのが難しいケースも多いのです。

 私の住む地域は、日本有数の保活激戦地。両親ともフルタイム勤務は当たり前で、それで初めてスタートラインに立つことができます。私は8月に出産したので、翌年4月の入園時、息子はまだ7カ月。多少の葛藤はありつつも、出産前から「保育園に入園できずに退職、という選択肢はない!」と強く考えていた私は、10月の募集開始直後、保育園へ申し込みました。

 結果は、見事合格! 家族に報告した時、同じく働くママである妹は「おめでとう! 良かったね」と言ってくれましたが、母と祖母は少し曇った表情。

 母には「やっぱり保育園に入れるんだね。まあ仕事もあるし、仕方ないか」と言われ、「いや、泣く泣く入園させるわけではないんだけど…」とモヤモヤ。

 祖母にいたっては「まだ赤ちゃんじゃない、かわいそうに」と、超剛速球かつストレートなお言葉! 90歳を過ぎた祖母に対して「ちょっと! そんな言い方ないでしょ!」と食ってかかるつもりはありませんが、どんよりとした気持ちになったことは事実。

 みんな悪意がないだけにこちらも怒れず、ストレスがたまります。昼間子どもと離れることになるのは少し寂しいけど、仕事もしたいし、そもそも私が一日中家にいるのは性に合わないタイプだし…。同じ境遇のママ友さん同士で愚痴っても、なかなか心は晴れません。

 これで良かったのかな、と思いあぐねながら迎えた入園。しかし私の悩みは数カ月で吹き飛びました。

1 / 2

この記事もおすすめ