小学校の入学準備、手作りにこだわってロスしまくり!

 子どもたちの入園・入学には、絵本バッグや体操服袋など、たくさんの「袋物」を準備する必要がありますよね。せっかくだから必要な袋物は手作りで、と腕を振るわれる方も多いことと思います。私も今回、初心者ながら一念発起して手作りに取り組んだのですが…。思ったようにはいかないものですね。

iStock.com/violet-blue

iStock.com/violet-blue

 入園・入学準備の中でも大きなウエートを占める、「袋物」の存在。絵本バッグに上履き入れ。体操服袋に道具袋、それに給食袋…。デザインやサイズ、素材まで異なるたくさんの袋物が必要になります。

 これらの袋物、皆様はどのようにご準備されているのでしょうか…。

 入園・入学の時期になると、たくさんの種類の袋物も市販されるようになりますよね。市販品の中には子どもの好きそうなキャラクターやすてきなデザインのものも多く、ついつい目を奪われてしまうのですが、一式全てをそろえるとなるとなかなかのお値段です。

 しかも、市販品だと園や学校の指定のサイズと微妙に大きさが違うこともあるので、袋物は手作り派!という方も多いのではないでしょうか。

 私も長男の小学校入学にあたって、「袋物くらいなら、作り方さえ分かれば作れるはず!」と張り切って手芸店で材料を購入しました。新しい環境に飛び込む長男に、せめて手作りの小物でエールを送ってあげたいという気持ちを込めながら。

 この時点で完全に素人の見切り発車でした。

 慣れた方は、効率の良い生地の裁ち方などを考えながら材料を購入されるのだと思いますが、「大体このくらい?」とざっくり計算の私は途中で材料が足りなくなることもしばしば。

1 / 2

この記事もおすすめ