ママ友付き合いは「自然体」がベター

秋たけなわ。気候も良く、おいしい新米が味わえるこの季節が大好きです。

9月はちょっとお休みしてしまいました…すみません(> <)

 

今回は「ママ友」について書いてみたいと思います。

 

娘が保育園に入って1年半以上たちますが、はじめはクラスのママたちとどんなふうに付き合えばいいか、すごく悩みました。

ほかのママさんたちが親しそうに話しているのを見て、私にも友達ができるかなあ…と不安になったり、お迎え時に教室でクラスのママさんと会ったときに、どんな話をすればいいのかな…と戸惑ったり、親しくなったとしても、どのタイミングでメルアドを聞けばいいかな…と悩んだり。

 

あれこれ考えていると、自分が中学や高校時代の「新学期」に戻ったような気持ちになりました。

保育園は、登園時間も退園時間も保護者の勤務によってまちまちだし、働くママたちは忙しいのでゆっくり話す暇もありません。

 

そこで私が自分なりに考えたのは、

①    保育園の行事にはできる限り参加する。

②    クラスにこだわらず、保育園で出会った保護者には必ずあいさつし、お子さんにも声をかける。

③    時間と気持ちに余裕があれば、少しでも話しかける。

ということでした。

 

これらを心がけているうちに、ゆっくり、少しずつですが、ママさんたちとも肩ひじ張らずに接することができるようになりました。

適度な距離感を持ってゆっくりママ友を増やしていきたいですね。

適度な距離感を持って自然体でママ友を増やしていきたいな。

いま、親しくしているママさんは2人。そのうちのAさんは、去年の参観日にたまたま私の隣で子どもの様子を見ていた方で、いろいろ話したのがきっかけ。でも、すぐにはメルアドを聞けず、今年の春の始園式でようやくお互い教え合って、今はときどき情報交換しています。

 

もう1人のBさんは今年の6月に知り合いました。たまたま同じ時間帯に迎えにきていて、教室で娘の荷物を整理しているときにBさんも教室にいて、私が話しかけたのがきっかけでした。その後もお迎えで会うたびに話すようになり、先日も子どもや夫のことで話し込んでしまいました。

 

みんな同じようなことで悩んでいるんだ…そう思うと、気がラクになりました。

 

AさんにもBさんにも、プライベートなことはあまり聞かないようにしています。

 

もちろん、相手がそういう話をしてこられたら、私もさりげなく話すようにしています。

ほどよい距離を保つのが秘訣かな、と思います。

そしてあせらず、ゆっくり、自然体で。

ママも子どももゆっくり仲良く成長していこうね。

ママも子どももゆっくり仲良く成長していこうね。

子どもは2歳。まだまだ手がかかるので、ママさんだけで会うことも難しいし、育児と仕事で精一杯で一緒に遊びに行ったりする余裕もないですが、少しずつ親しくなっていけたらいいなと思います。

 

これも偶然ですが、二人のお子さんも、わが子も女の子。これから成長するにつれて、一緒に遊んだり、いろんな話をするようになるんだろうなあ…

 

娘が、2人といいお友達になれたらいいな。

 

ママ、ママと書いてきましたが、保育園には送り迎えをするパパの姿もたくさん見られます。わが家も、お迎えはパパに頼ることが多く、本当に助かっています。

 

共働きを続けるためには、夫の協力なしではやっていけません!

家事も育児も「共働き」で、が理想ですよね。

(よんじゃママ)

最近、台所に興味を持ち始めた娘

最近、台所に興味を持ち始めた娘。火、包丁など危ないモノだらけなので、見ていてハラハラします。炊事も中断してしまい、イライラすることも…

 

でも、お手伝いを少しずつ教えて、家事を好きになってもらったらうれしいです。

「学力」よりも「生活力」を身に付けてほしい!というのが私の本音です。

 

※情報は2014.10.25時点のものです

この記事もおすすめ