「俺は認めない!」妹の結婚に納得できない兄がとった行動とは?

 結婚式は、今まで他人だった者同士が家族・親戚となり、交流を深める大切な儀式です。しかし、この結婚式を迎えるまで新郎・新婦は、とても大変な気苦労を重ねます。今回は、そんな気苦労が絶えなかった兄夫婦の、結婚式で起こったびっくりエピソードについて紹介します。

iStock.com/NataliaDeriabina

iStock.com/NataliaDeriabina

 ムシムシと暑い夏のある日のこと。突然、兄が彼女を家に連れて来て、両親に結婚したいと告げました。そのときの兄の年齢は30歳。年齢的に将来を心配していた両親にとっては「これで安心だ」と言わんばかりに大喜びで承諾しました。

 しかし、何とこのとき彼女さんは、高校を卒業したばかりの18歳。しかも、妊娠5カ月だったのです。そのことを知った両親は「おなかが目立たないうちに全てを終えないといけない!」と大慌て。「向こうへのあいさつはどうする?」「結納はいつがいいか」など、両親の顔は青ざめていました。

 できるだけ物事を穏便かつ素早く済ませるためにと、兄が彼女さんの家へあいさつに行く際は、わが家の両親も一緒に行くことになりました。そして、両親の口から妊娠していることを伝え、結婚についてもお願いすると、彼女さんのご両親もびっくり。

 しかし、反対しようにもすでに妊娠5カ月なので、もう産むしかないと彼女さんの両親はしぶしぶ承諾しました。そんな様子で、両親へのあいさつから1カ月もしないうちに、兄と彼女さんは結婚式を挙げることとなりました。

 結婚の喜びをかみしめる余裕もなく迎えた結婚式当日のことです。急だったこともあり、結婚式は身内のみで私は受付を担当することになりました。そこで私は一生忘れることができないほどの驚きの光景を目にしたのです。

 せっせと受付作業を行っていると、1人の男性が不満そうな表情で受付に向かって歩いてきます。一見フォーマルスーツを着ているので見逃しそうでしたが、何と結婚式なのに黒いネクタイをしているんです。その異様な様子に気づいた人は、みんなザワザワしています。

 しかも受付まで到着して間近で見ると…。

1 / 2

この記事もおすすめ