急なPTA集会と私用のランチどちらが優先? 考え方の違いにモヤモヤ

 息子が小学校2年生のとき、比較的仲の良かったママ友と相談し、PTAの同じ委員を引き受けることにしました。彼女はあまり委員会活動に積極的なタイプではないけれど、仕事もあるし仕方がない。話は合うので、一緒の委員でもうまくやっていけるはず―。そう思っていました。そんな彼女が、委員会の日程が変更になったときに取った行動は、私とは全く逆でした。

iStock.com/takkuu

iStock.com/takkuu

 小学校のPTA委員を私と一緒に引き受けたママ友。彼女はパート勤務、私はフリーランスという立場だったので、委員の集まりがあるときは、私のみ出席することがほとんど。委員を引き受けたワーママ(ワーキングマザー)は、有休を取って参加する人が多かったのですが、彼女は決して有休は取らない。でも、それは仕方ないかなと割り切っていました。

 ただ、彼女の日々の発言から、6年間で1度はやらなければならないから引き受けただけで、できれば行きたくない、という考えは見え隠れしていました。私は引き受けた以上はきちんとやるべきだと思うタイプ。育児やPTAに関する考え方には温度差があるなと感じ始めました。

 そんなある日、彼女とランチ込みの無料イベントに参加する約束をしました。PTAとは関係ない、全くのプライベートなイベントです。午前中に委員会の集まりがあり、そのままランチにという話になっていました。

 ところが、ランチの2日前、午後も委員会で参加しなければならない行事ができてしまいました。その行事に参加するともちろんランチには行けません。私は予定をキャンセルして委員会に行くつもりでした。

 そして、彼女も当然予定をキャンセルすると思って「明日、残念だけど、委員会があるんじゃ仕方ないね」とLINE(ライン)を送ったのです。すると、彼女からの返事は意外なものでした。

1 / 2

この記事もおすすめ