魔法の言葉「増税前だから、今のうちに」で散財?

 2019年10月から、消費税が8%から10%に引き上げられます。家電や家具、車、住宅購入、リフォーム費用、海外旅行、結婚式など、増税前の駆け込み需要が見込まれていますが、皆さんは、増税前に買っておこうという物はありますか?

iStock.com/takasuu

iStock.com/takasuu

 消費税の増税まで、あと数カ月。これまで2度にわたり先送りされてきたので、わが家では「そうは言っても、増税されないのでは?」と、のんきに構えていました。けれど昨年10月に安倍晋三首相が消費税の引き上げを正式表明したことから、家族会議を決行。「増税前に大きな買い物をしておこう!」と夫婦で話し合いました。

 わが家の場合、ここ数年購入したい物リストの上位にあったものの、きっかけがなくて買い替えていなかったものに「車」がありました。今の車に不満はないもののなぜか愛着がわかず、「新しい車にしたいね」と珍しく夫婦で意見が合いました。そこで増税前に、良い車が見つかったら、乗り換えようという話になったのです。

 話し合いから2週間。旦那が「荷物がたくさん載りそうだし、格好いい車があった! 実物を見てみたいな」と言い出しました。普段は腰が重いのに、リサーチの早いこと! 増税の後押しパワーがあってこそですね。

 当時、季節は12月半ば。「なにかと出費の多い年末だから、今すぐ買わなくてもいいかも。でも頭金をどのくらい準備するのか聞いてみたいし、とりあえず、見てみるだけ…」とディーラーを訪れました。

iStock.com/Epiximages

iStock.com/Epiximages

 お目当ての車は、5人乗りながら室内空間が広々! 収納スペースはこれまでの倍以上! 「この車なら、憧れのキャンプもできるね」と夢が膨らみます。最近のアウトドアブームで、キャンプに興味津々だったのですが、今の車では、テントやキャンプ用品を載せる余裕がなかったのです。

 当初は見るだけのつもりでしたが、せっかくなので現在の車を下取りした場合の金額を確認すると…まさかの8,000円! 5年間乗車して走行距離が長く、事故を2回したため、車の価値はなく、エアバッグの再利用代とのことでした。下取り金額を聞いて「家族の命を乗せて走る車が、8,000円の価値だなんて、まずいぞ!」と、旦那が急に焦りだしました(苦笑)。

 さらに、ディーラーの営業の方が「うちも年内に売って、売り上げを上げたいのです。今月中に購入してもらえるなら、30万円値引きします」と持ちかけてきたのです。

 その場で即決はできなかったものの、他にも下取り査定に出したら、ディーラーの下取り金額と変わらなかったこと、そして「増税前だから」が大きく背中を押して、「今のうちに買ってしまおうか!」と、3日後に再びディーラーを訪れ、新車を購入することになりました。

1 / 2

この記事もおすすめ