7割が託児サービスの利用に前向き アンケート「ママの自由時間」

 西日本新聞朝刊に毎週金曜日掲載している「Go! Go! ママレンジャー!」が実施した子育てアンケート「ママの自由時間」(4/19~5/6実施、回答数159)の集計結果がまとまりました。「ママの自由時間をつくり出すため、託児サービスを利用することに抵抗がありますか」という質問対し「ない」という回答が最も多く39%、「あるけど仕方ない」が30.8%と続き、約7割のママが託児サービルの利用に前向きなことが分かりました。

  その理由について、「ない」と回答した方では「両親、身内に預ける人が全くいない」(41歳)「息抜きが必要」(43歳)「孤育ての現代、必要経費」(44歳)。「あるけど、仕方ない」と答えた方からは「美容院や病院に抵抗なく行ける世の中になってほしい」(40歳)「子育て漬けの毎日だと、子どもの良さも見えなくなる」(36歳)などの回答が寄せられました。

 逆に、「ある」と答えた方は「子どもに寂しい思いをさせてまで自分を優先させることに罪悪感がある」(41歳)「周りの目を気にする」(41歳)などがありました。

 

 ママたちを取り巻く厳しい環境がうかがえますね。パパとの子育てや家事との分担、社会全体の子育て支援のあり方など課題は山積しているように思います。

(詳細は5月17日付西日本新聞朝刊に掲載しています)

 アンケートにご協力いただきました皆様、ありがとうございました。これからも子育てアンケートは続きますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

※情報は2019.5.28時点のものです

この記事もおすすめ