ベッドの下がなぜかびしょぬれ! その意外な理由とは?

 ある暑い日の朝のこと。小学校1年生の息子が登校してから部屋に掃除機をかけていると、ベッドの下がびしょぬれになっていました。きっと息子の仕業に違いない。そう思って帰宅した息子に問いただすと、その理由は驚くべきものでした。

iStock.com/Kwanchai_Khammuean

iStock.com/Kwanchai_Khammuean

 息子が小学校1年生のときの話です。夏休みに入る前の暑い日の朝。

 私は朝食の片付けや洗濯などの家事をしており、あまり息子に注意を払っていませんでした。そろそろ登校時間になるにもかかわらず、息子は冷蔵庫から何かを持ち出して、キッチンと寝室を行ったり来たり。いつもは話しかけてきたり、テレビを見たり、ダラダラしているのに、その日に限ってとても静か。なんとなくおかしいなぁと思いながらも私は家事を続けていました。

 ところが、いつまでたっても息子が家を出ようとしません。しびれを切らせた私は「早く学校に行きなさい!」とせかしました。すると息子は慌てた様子で「いってきます!」と登校していきました。

 それから1時間ほどたって、掃除機をかけようとしたときです。掃除機をかけながら寝室を歩いていると、急に足元がひんやり。あっという間に靴下がぬれてしまいました。ベッドの下の床が水浸しだったのです。

 私は真っ先に「え、何? おねしょ? おもらし?」と息子を疑いました。けれども特に臭いはなし。朝の様子から息子の仕業であることは間違いありません。なにしろ、ベッドから水が落ちてくるなんてありえませんから。

 でも、ペットボトルを持ち運ぶ気配はなかったし、どうやってこぼしたの? そもそもこの冷たい液体は何なの? と疑問は募るばかり。とりあえず危険な液体ではなさそうだったので、恐る恐る雑巾で拭き取っておきました。

1 / 2

この記事もおすすめ