電子ピアノにまさかのアレが? 思わず吹き出す子どもの発想

 子どもの発想力って本当にすごいですよね。私の娘も時々、大人には到底思いつかないような突拍子もないことを言い出します。そしてある日娘は、電子ピアノの奥に“アレ”が住んでいると言い出したのです。

iStock.com/PaKo_studio

iStock.com/PaKo_studio

 娘がピアノを習い始めたのは4歳の頃でした。いつまで続くか分からないということもあり、初めは家にあったおもちゃのキーボードで練習させていました。でもこのキーボードは鍵盤を押すたびにアン〇ンマンがピコピコ動く仕組みになっていて、さすがに集中できません。そういうわけで数カ月後、ちゃんとしたピアノを買うことになりました。

 といってもわが家は狭いマンション暮らし。ですからサイズも控えめでボリュームも調整できる電子ピアノに決め、到着の日を待ちわびていました。

 そしてついに電子ピアノがやって来ました。控えめサイズとはいえ、今までのおもちゃのキーボードとは比べ物にならない立派なピアノに娘は大喜び! しかも電子ピアノには音色を変えられたり、自動演奏ができたりする機能が付いていて、ボタン1つでクラシックやジャズの名曲が流れるのです。

 娘はボタンを端から押しまくっては「おぉ!」と感嘆の声を上げていました。いろいろな曲をかけてはノリノリで踊ったあと、娘が触ったボタンは「メトロノーム」。音楽のテンポを合わせるために、一定のリズムで音を刻んでくれるあの装置ですが、電子ピアノには搭載されているのです。

 メトロノームのスイッチが入り、カッカッカッカッカッカッカッ…と単調な音が聞こえてきました。すると娘はあんぐりと口を開け、固まってしまったのです。私は不思議に思いました。今までのゴージャスでリズミカルな自動演奏に比べると、シンプル極まりないメトロノームの音に、娘はどうして固まったのでしょう?

1 / 2

この記事もおすすめ