産後あるある? 手伝いに来てくれた実母と険悪ムードに

 私には2人の子どもがいますが、どちらも出産の際には里帰りをしませんでした。1人目の産後は実母に自宅まで来てもらい、泊まりで床上げまでの手伝いをお願いしたのですが、来てすぐに険悪ムードが漂い、早々に母は帰ることになったのです。そのときのエピソードをお話ししたいと思います。

iStock.com/paulaphoto

iStock.com/paulaphoto

 私が初めての出産をしたときのことです。里帰りはせず、母に頼んで実家から車で2時間ほどの私の自宅に、泊まりで手伝いに来てもらうことになっていました。産後すぐに来てくれた母のために、私は慣れない家に来てもらうのだからといろいろと準備をし、普段は取っていない新聞契約までしました。

 母にとって、普段は暮らしていない家や街なので、慣れない中での生活は大変だったと思います。それでも出来るだけ快適に過ごしてもらおうと、私は何かと母に対して気を使い、家の中の使い勝手を母に細かく説明しました。

 ご飯を作ってもらうにしても、わが家はIHで実家はガスこんろ。私は母がちゃんと使えるかどうかが心配だし、母は母で初めてのIHで使い勝手が分からず。火加減など、いつもと同じように料理ができないことでやりにくそうでした。

 そしてお風呂。これもオール電化だったわが家は実家のお風呂とお湯の出し方などが違います。今思えば、母は大して気にしていなかったかもしれませんが、私は「ちゃんと使えているかな」「大丈夫かな」といちいち気になり、体も気持ちも全然休めずにいました。

 1番気を使ったのは赤ちゃんが泣いたときでした。

1 / 2

この記事もおすすめ