「盛りすぎでしょ!」ママ友のキラキラインスタにイラっとしたら…

 Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)、LINE(ライン)…。移り変わりの激しいソーシャルネットワークサービス(SNS)の世界。キラキラとした投稿に疲れてしまい、SNSから離れる人も少なくないのだとか。筆者の友人も疲れてしまった一人。何があったのでしょう。

iStock.com/SrdjanPav

iStock.com/SrdjanPav

 友人Aが、最近ストレスを感じているのがインスタグラムです。

 以前は、趣味のハンドメードやインテリア、メーク、子育て情報を見るために活用していました。つながっていたのは、SNSの世界で知り合った他人ばかり。みんなのすてきで丁寧な生活をのぞき見ていると「うらやましい! ねたましい!」という感情は全く生まれず、素直に「すてきだな。私も生活に取り入れてみたい!」と楽しむことができました。

 そんな居心地のよかったSNSが負担になってきたのは、現実のママ友とつながった時からでした。Bさんは30代前半のママ。会話の流れで「Aさんもインスタやっているの? 見てみたいな」と聞かれてお互いのアカウントをフォローしあったのが運の尽き。Bさんの投稿が、盛りすぎ(現実よりも、よく見せようとする)で、次第にイライラが募るようになっていったのです。

 例えばBさんの投稿に多い自撮り写真は、まるで別人! 10代に見えるくらい若く修正した写真を見ては、「本当の顔と全然違うじゃない。足だってこんなに長くないし、目尻のしわや、ほうれい線もがっつり消してる!」と思うようになりました。さらに自撮り写真だけでなく、キラキラと盛りすぎな日常自慢も、いら立つ原因でした。

 普段は控えめなキャラのBさんですが、インスタグラム上での彼女はキラキラ自慢がすごかったのです。

1 / 2

この記事もおすすめ