子どものLINE(ライン)連絡に昭和生まれの母モヤつく

 私が育った昭和の時代には、名簿や連絡網がありました。友だちに連絡したいときには、クラス全員の電話番号と親の名前が記された名簿を見て、ドキドキしながら電話をしたものです。今や時代は令和になり、いろいろ便利にはなりました。でも子ども同士の連絡手段については、昔の方が良かったと思ってしまうのです。

iStock.com/JuditaJurkenaite

iStock.com/JuditaJurkenaite

 今は個人情報保護の時代。学校から連絡網や名簿が配られることはありません。代わりに学校からの連絡は、保護者それぞれにメールやLINE(ライン)で届くようになりました。伝言ゲームのように連絡事項を伝えていた連絡網時代に比べると間違いなく情報が伝わるし、連絡を回すために電話をかける時間も気にしないで済むので、とても便利だと思います。

 けれどもその反面、子どもの友だちの連絡先が知りたくても自力で入手するしかないのが結構不便。というのも私は仕事をしているので、懇談会などの学校行事にはほとんど参加できません。つまり友だちの連絡先を入手するチャンスがほとんどないのです。

 ちなみにわが家はおばあちゃんが家にいることもあり、1年生の頃から子どもの集まる場所となっています。おばあちゃんがいるとはいえ、家で遊んでいる最中に何かあったらと考えると、相手のお家の電話番号くらいは知っておきたいですよね。

 そこで私は、遊びに来てくれた友だちに、私の連絡先を書いたメモを渡すようにしました。するとたいていの親御さんが、連絡先交換のためにメールやLINEを送ってくれるのです。

 しかし、ただ1人だけ、どうしても連絡先を教えない子がいました。家に遊びに来始めた頃、何回か私の連絡先を渡したのですが、その度に「なくした」とか「電話しちゃいけないと言われてる」などと言うので、まぁいろんな家庭があるからね、と深追いしないでおきました。しかし先日その子が「これで連絡して」とその子自身のLINEアカウントを教えてくれたのです。

1 / 2

この記事もおすすめ