広々キッズスペースと体に優しいメニュー【峠の玄氣屋 グングンカフェ】

 「峠の玄氣(げんき)屋 グングンカフェ 博多リバレインモール店」(福岡市博多区)は、「人と人を結ぶおむすび」をモットーに、福岡県糸島市産の玄米と胚芽米で作ったおむすび専門店を展開する「峠の玄氣屋(げんきや)」(同市中央区)が手掛けるカフェ。2018年11月、博多リバレインモールby TAKASHIMAYA地下2階に登場しました。

リバレインモールの地下にある広いスペースの「グングンカフェ」

リバレインモールの地下にある広いスペースの「グングンカフェ」

 “親子で楽しめる、体にやさしいカフェ”というコンセプトの通り、店舗の約半分に当たる18㎡をキッズスペースにしています。たくさんの木のおもちゃが置かれ、壁の巨大スクリーンには映像が映し出されています。同スペースに面した6席の「みまもりカウンター席」は、目の前で遊ぶ様子を見ながら食事ができるので特に人気の席。「夏休み期間中は混雑が予想されるので、予約をおすすめします」と広報担当の川嶋菜美さんは話します。

キッズスペースに面した「みまもりカウンター」が人気です

キッズスペースに面した「みまもりカウンター」が人気です

キッズスペースに面した「みまもりカウンター」が人気です

ベンチシートを含む全20席、ベビーチェアもあります

子ども用食器や常温のお茶が用意されています

子ども用食器や常温のお茶が用意されています

 キッズメニューは3種類。優しい味わいのクリームペンネがメインの「すくすくセット」(税別500円、2~4歳対象)、緑黄色野菜たっぷりの野菜カレーとポテトフライの「わんぱくセット」(580円、3~5歳対象)、野菜カレー(胚芽米を使用)や鶏肉のから揚げ、日替わりの総菜などの「お子様セット」(680円)で、子どもが喜ぶ内容と量が考えられています。これらにはおもちゃとジュース(アップルかオレンジ)も付いています。

キッズメニューの

キッズメニューの「お子様セット」

キッズメニューにはおもちゃが付いています

キッズメニューにはおもちゃが付いています

 また、選べるおむすび2種類と日替わりの惣菜が1皿に盛られた「玄氣セット」(970円)は、手づかみで食べたがる子どもと大人がシェアしやすいと人気のメニューです。うま味たっぷり、ふっくらと炊かれた玄米は、食べ慣れていない子どももとりこにするおいしさです。

好きなおむすびを選んでください

玄米で炊いたおむすびで元気をチャージ

 店では定期的に子ども向けワークショップも実施しています。詳細はぐんぐんカフェのLINEを確認してください。

 博多リバレインモール内には他にも「福岡アンパンマンこどもミュージアムinモール」などキッズが楽しめる施設があり、グングンカフェのレシートを持参するとお得になるプランなど限定特典も用意されています。玄米で元気をチャージし、館内で思いっきり遊んで、子どもの心に残る思い出作りはいかが。

<チェックポイント>
●おもちゃ完備のキッズスペースあり
●キッズメニューあり
●子ども用食器あり
●離乳食持ち込みOK
●ミルク用のお湯提供OK
●ベビーチェアあり

峠の玄氣屋 グングンカフェ 博多リバレインモール店
住所:福岡市博多区下川端町3-1博多リバレインモールby TAKASHIMAYA地下2階
電話:092-260-9510
営業:10:30~19:30(L.O.18:30)
休みは施設に準ずる
LINE @pkl4516r

※情報は2019.8.8時点のものです

峠の玄氣屋 グングンカフェ 博多リバレインモール店

住所福岡市博多区下川端町3-1博多リバレインモール地下2階
TEL092-260-9510

ヨシダアキコ

ライター歴四半世紀超え。3度の飯より旅が好き! リュック背負って訪問したのは31の国と地域。この10年は台湾にハマり、年に数回のペースで現地へ。あろうことか福岡より台湾の新情報のほうが詳しくなりつつある日々(反省中)

この記事もおすすめ