やり過ぎ? 運動会の熱中症対策に賛否両論

 毎年の記録的な猛暑を受けて、学校でも熱中症対策に力を入れています。もちろん子どもの健康を考えるとありがたいことなのですが、時にやり過ぎではないかと思うことも…。

iStock.com/T-kin

iStock.com/T-kin

 今年も暑い夏がやってきました。熱中症の危険が周知され、学校でもさまざまな対策が採られています。そんな中、今年から私たちの市では小中学校の全教室にクーラーが完備され、子どもたちは快適に学習することができるようになりました。それに伴って夏休みも1週間短縮されることになり、子どもたちは喜び半分といったところではありますが…。

 ほかにも、夏休みのプール開放や学校での勉強会が中止になるなど(登下校中の熱中症予防のためだそうです)、さまざまなところに影響が出ています。

 そして、その影響は運動会にも。10月初めに行われる運動会の練習は、夏休み明けから始まるのですが、練習時間は1日2時間までと制限されました。そのうち1時間は体育館や教室での室内練習。学年練習や全体練習は9月中旬以降となっています。

 当然練習時間が足りないので、学年競技は2つから1つに減少。時間短縮のため、PTA競技は無くなりました。その結果、運動会のプログラムは50m走や80m走などの徒競走ばかり。騎馬戦や障害物競走など、運動が苦手な子でも楽しめる競技が無くなり、保護者としてもちょっと物足りない内容になってしまいました。

 また、運動会といえば家族で食べるお弁当ですが、これも炎天下でお弁当を食べるのはどうかという理由で、子どもたちはクーラーの効いた教室に戻ってお弁当を食べることになりました。これには保護者からも賛否両論が!

1 / 2

この記事もおすすめ