これ本当に幼児向け雑誌!? 付録のクオリティーがすご過ぎた

 4歳の甥(おい)と6歳の姪(めい)が毎月買ってもらっている幼児雑誌「幼稚園」。私も保育園児時代に大好きだった雑誌です。しかし、その中身は当時とはまるで違いました。本当に幼児向け?と疑ってしまうほど、おそろしく進化していたのです。書店で発売されると即売り切れるほどの人気ぶりだとか。衝撃を受けたその中身とは…。

iStock.com/CoffeeAndMilk

iStock.com/CoffeeAndMilk

 息子と娘のいる姉の家族と実家に集合した時のこと。甥っ子たちが、毎月じぃじとばぁばから買ってもらうお楽しみがあるのだと知りました。それが、小学館が出している4~6歳向けの雑誌「幼稚園」です。戦隊モノのヒーローやアニメのアイドルが登場したり、クイズやゲームで遊べたりするおもちゃ箱のような雑誌です。

 しかし、甥っ子たちのお目当ては「付録」の方だったのです。懐かしくなって「どれどれ」と見せてもらうとびっくり! 「なんだこれ!? こんなん子どもに組み立てられんの!?」。この付録が、なんともまぁ、すごかった。

 私が見せてもらったのは「ガチャマシン」。ダイヤルを回すと中からカプセルが出てくるおもちゃです。雑誌の表紙に載っている完成写真を見ると、めちゃくちゃリアル! 本物をギューっと小さくしたのかと見まがうほど、細部まで丁寧に再現されているのです。

 これほど高いクオリティーのおもちゃが手に入るならば、子どもたちが夢中にならないはずがない。しかし、甥っ子姪っ子が目を輝かせる傍らで、姉が「これ、組み立てが面倒なんよ…」と苦笑いを浮かべていました。

 いざ、組み立てを見学させてもらうと、なるほどこれは大変。とにかく部品が多い。それゆえに時間がかかる。もちろん4歳児が組み立てられるレベルを超えています。親たちが型紙から部品を切り離し、組み立て説明書とにらめっこしながら、部品を組み立てていきます。

 組み立て方は分かりやすいのですが、小さな部品に丁寧に山折り線をつけたり、部品同士をはめ込んだりするのに絶妙な力加減が必要です。とにかく「めんどくさそう!!!」の連発。子どもたちに「早く! 早くー!」と追いたてられる中、姉は説明書とにらめっこしながら約30分も格闘していました。

1 / 2

この記事もおすすめ