お酒の力を借りて友人の旦那に怒りの鉄ついをくだした話

 皆さんは、お酒で失敗したことありますか? お酒の味を初めて覚えた20代前半の頃であればまだしも、人生経験のある程度積んだ30代後半の今、そうそうお酒で失敗することはなかろうと思っていたのですが、先日やらかしてしまいました。けれど、結果的には良かったのかもしれません。一体何をしたかと言うと…

iStock.com vitapix

iStock.com vitapix

 学生時代からの友人宅へ遊びに行った時のこと。子ども同士も仲良しなので、昼から夜まで遊ばせて早々に寝かしつけた後、友人と2人で飲むことになりました。

 彼女は正社員として働いていて、かつ育児も一手に引き受けています。現在は、時短勤務ですが、もうすぐ期間が終了するといいます。時短勤務の今は、育児と仕事、家事をなんとか両立させているけれど、フルタイムに戻って仕事の比率が増えたら、どうやって回していこう…そんな話題になりました。

 彼女には旦那がいます。ですが平日は、仕事や同僚との飲み会で帰宅が遅く、戦力にならないそうです。それでも休日くらいは、旦那に子どもたちを任せて休めるのかと思いきや、旦那は一切育児に関わらないのだといいます。

 「うちの旦那は、『自分は父親に遊んでもらった記憶なんてない。それでもきちんと育つんだから、俺が子どもと遊ぶ必要なんてない』っていうのが口癖で、週末も仕事をしているか、1人でふらっとパチンコやスロットに行ってしまうのよね。最初は『よその旦那は家族と休日を過ごすのに、なぜ…?』と不満に思ったけれど、旦那は変わらないから、もう期待もしていない」というのです。

 平日は仕事と家事、育児。休日も家事と育児に追われている彼女。出産後ゆっくり休めたのは、里帰り出産をした時きと、盆正月の帰省の時だけといいます。彼女の愚痴を聞いているうちに、同僚と飲んできた友人の旦那が帰宅しました。

 最初は「お邪魔してます、おうちでお酒いただいてます…」と殊勝(しゅしょう)な態度を演じていましたが、内心、先程の愚痴を聞いて、グラグラとはらわたが煮えくりかえっていた私。彼は帰宅して早々、友人にビジネスバッグを片づけさせたり、風呂場にパジャマを持ってこさせたりとやりたい放題です。

 そして、湯上がりで飲み直したくなったのか、友人に晩酌の準備をさせる様子を見て、私はますます一言、物申してやりたい気分になっていきました。そして旦那が、1、2杯飲んだ頃、こう切り出しました。

1 / 2

この記事もおすすめ