「それって…」母のファッションに息子が言い出したひと言

 幼稚園の頃から自分の服は自分で選んでいた息子。小学生になったときから、母である私のファッションに口出しするようになりました。その時、私の反応は?

iStock.com RichVintage

iStock.com RichVintage

 わが家の息子は、現在中学生です。別におしゃれに強いこだわりがあるわけではないのですが、洋服だけは幼稚園の頃から自分で選んでいました。なので、小さいときから、私が着替えを選んであげる必要がなく、息子の洋服選びでもめたことはほとんどありません。むしろ、わが子ながら割とセンスがいいと感じていました。

 ところが、小学生になると、急に私の服装に口出しするようになったのです…。

 何年か前からガウチョパンツやワイドパンツがはやっていますよね。動きやすくて便利なので、何本か持っています。着回しもきくし、よくはいていました。息子は、色や組み合わせによっては、特に何も言いません。けれども、ちょっとくすんだ色のワイドパンツをはくと、そのときだけはこう言うようになりました。

 「え、それパジャマなの? そんなパジャマみたいなズボンをはいて外出したらみっともないよ!」

 もちろん私も反論します。

 「そんなことないよ! これはワイドパンツっていうはやりのズボンなんだから。どこがおかしいの?」

 すると、息子はこう答えました。

 「だってその色、ママが着ていたパジャマの色にそっくりなんだもん。僕にはパジャマにしか見えないよ」

1 / 2

この記事もおすすめ