祝 初誕生!お祝い事の色々!!~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#46

1982年1月21日、午後3時26分 この世に生まれ…早33年。

2014年1月31日、午後1時8分 娘が生まれ…パパとなる。

そんな新米パパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。

 

いよいよ今週末が娘の1歳の誕生日となりました。

 

来ましたねーー!!ハッピーバースデェー!!

さ~何をあげようかな~?ww

さ~何をあげようかな~?ww

そこで今回は子どもにまつわる色々な祝い事を見ていきたいと思います。

 

まずは生まれてから…

詳しくいけば、「命名式」や「内祝い」がありますが…

 

大きくはこちらより…

「お宮参り」

 

子どもが生まれて神社に参拝し、健康と長寿を祈る行事

 

男の子は生後31日目、女の子は32日目に行うのが通例ですが、地方によって7日目から100日目までとさまざま。あまり日にちにはこだわらず、赤ちゃんを優先し、気候や天気のおだやかな日、きげんのよい時間帯でOKです。

 

正式な祝い着は…
男の子は「羽二重地の紋付きで、鷹やめでたい図柄ののし目模様」
女の子は「縞子地や縮緬地に花柄などをあしらった友禅模様の紋付き」が使われます。

実家の近くのお宮さんに行きました。1月生まれなのでその年の3月に行きました。

実家の近くのお宮さんに行きました。1月生まれなのでその年の3月に行きました。

特にどこのお宮さんなど気にせず

実家や地域など馴染みのあるお宮で大丈夫でしょ。

 

それが終われば…次は生後100日目ぐらいで

「初お食い初め」

 

赤ちゃんに生まれて初めてごはんを食べさせる儀式が「お食い初め」といい…
このお祝いは、その子が一生食べ物に困らないようにという願いの込められた内祝いでもあるのです。

 

この頃は、ちょうど離乳食が始まる生後100日目あたりに行うことが多いです。

このおかげで、今はパクパクとなんでもかんでも食べています!

このおかげで、今はパクパクとなんでもかんでも食べています!

メニューは一汁三菜を基本に、

尾頭つきの鯛、煮物、赤飯、香の物、汁の5つ。

 

香の物の器には、丈夫な歯が生えるようにという意味で「歯固めの石(小石で代用)」と、しわができるまで長生きするように「梅干し」を盛りつけます。

 

そして…
これは男女で違うのですが…

 

誕生から初めて迎える
男児は5月5日の「端午の節句」、女児は3月3日の「桃の節句(ひなまつり)」
の節句に子どもの成長を喜び、将来の健康と幸せを祈るお祝いが「初節句」です。

これも生まれてすぐの3月にしました。立派なお雛様を頂きました。

これも生まれてすぐの3月にしました。立派なお雛様を頂きました。

「端午の節句」には武者人形、よろいかぶとを飾り、こいのぼりをあげ、かしわもちやちまきなどを用意します。

 

「桃の節句」にはひな人形とともに、ひしもち、白酒、桃の花や菜の花などを飾って祝います。よろいかぶとやひな人形などは、昔は母親の実家から贈られるのがしきたりとのこと。

 

そして迎えるのが…
先日我が家でも行った「初誕生祝い」となります。

 

特別に初誕生のお祝いに何かするというのは、
地域や時代によって若干違うのですが…

 

一般的に初誕生のお祝いでは、お爺ちゃんお婆ちゃんやご家族と食事を囲み、ケーキやプレゼントなどでお祝いする。

 

そして所謂「餅踏み」というものをします。

 

これが地域によって違うんですが…
一般的には、一升餅(誕生餅)というものを背負わせタイプ

 

しかし九州では、踏むタイプが多いようです!!

つい先日行いました。少し機嫌が悪く、餅踏みというか餅に座っていましたww

つい先日行いました。少し機嫌が悪く、餅踏みというか餅に座っていましたww

それと同時に行うのが…

「選び取り」と言われる…将来占いww

 

赤ちゃんの将来の職業または才能を占う行事で、赤ちゃんの前にいくつかのアイテムを置き、赤ちゃんが興味を示して手に取ったもので判定する、といった行事です。

 

一般的なアイテムと、それを選んだときの意味は以下の通り。

そろばん、電卓 ・・・商売の才能

筆、鉛筆、文房具・・・芸術・物書きの才能

差し金、巻尺など・・・職人の才能

お金、財布   ・・・金持ちの才能

とかとか…色々とアレンジも含めて現代でさえ行われております。

我が家はオリジナルの楽器(カスタネット)を取りましたww音楽の道か??

我が家はオリジナルの楽器(カスタネット)を取りましたww音楽の道か??

それをもって誕生から初誕生日まで

めでたい祝い事が沢山です!!

 

その後には…七五三とかあったり、子どもに祝うことは沢山。

それだけ子どもの成長とは喜ばしいものなんですね。

今も昔も変わらず!!

 

やはりめでたいものはめでたい!!

わーーい、皆さんありがとうございます!!

わーーい、皆さんありがとうございます!!

 ⇒#47「侮るな!インフルエンザの脅威!!」に続く

【毎週火曜日正午更新】

※情報は2015.1.27時点のものです

やのっちパパっち 矢野浩樹

福岡県朝倉市出身。大学卒業後、独学で保育士資格を取得。その後、学童保育指導員・保育士・子育て支援アドバイザーを経て…現在も子どもや若者育成の仕事に携わる。常に子どもたちと触れ合うここ数年。プライベートでも福岡などで多方面に活躍中。(マダガスカルのクバーラなど)現在32歳、今年1月31日に待望のパパとなる。これまでに保育士として幼児と関わり、アドバイザーとして「子育てとは?」を唱えてきたそんな「ド素人以上プロ以下の新米パパ」の子育てコラム。毎週火曜昼下がりに更新中!

この記事もおすすめ