福岡発!親子で楽しむ幼児向け知育アプリ「デジタルコペル」

0歳から6歳までの子ども向けの知育アプリ「デジタルコペル」が昨年11月、誕生しました。

 

開発したのは、福岡市のITベンチャー「ファンクス」。上場企業の「アクロディア」(東京都)が配信し、教材は全国50校を展開する幼児教室「コペル」(福岡市早良区)が提供、完全監修しているアプリです。

レッスンは、子どもの年齢にあわせて「0歳~2歳」「3歳~4歳」「5歳~6歳」の3つのカテゴリーに分かれています。それぞれの年齢に合ったカリキュラムが組まれ、子どもの好奇心と集中力を引き出す内容となっています。

 デジタル教材のいいところは、タップしたりドラックできるところ。子どもが飽きないような楽しいプログラムが満歳です!

ファンクスの西サイモン社長は、自身にも2歳になる長男がいます。実際に利用していて、「ゲームを楽しむような感覚で親子一緒にレッスンに取り組むことができる。好奇心や探究心が刺激され、子どもの潜在能力を無理なく引き出せると思います」と話しています。

西サイモン社長(左)とスタッフ

西サイモン社長(左)とスタッフ

スタッフは全員が外国人。「デジタルコペル」には英語版もあります。

スタッフは全員が外国人。「デジタルコペル」には英語版もあります。

鉛筆の持ち方など、実際のリアルな教育も大切ですが、デジタルの利点を大いに活用した「デジタルコペル」。サイモン社長は「リアルとデジタルと両方活用した学びの機会を与えられたら」と話しています。

 

デジタルコペルダウンロードページはこちら⇒http://www.digitalcopel.com/index-ja.html

※ 基本プレイ無料 (一部有料/アイテム課金あり)

※情報は2015.2.6時点のものです

株式会社ファンクス

住所福岡市中央区天神1-15-32 天神MTビル8F
TEL092-753-9937
URLhttp://funx.jp/ja/index.html

この記事もおすすめ

ファンファンユース最新号はこちら
プレゼント応募はこちら
ふくおかで学ぼう
ごちそうキッズ食堂

一押しコンテンツ

ファミリーランキング

今日の♡人気No.1