子どもと予防接種と病気と…その2~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#50

1982年1月21日、午後3時26分 この世に生まれ…早33年。

2014年1月31日、午後1時8分 娘が生まれ…パパとなる。

そんな新米パパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。

 

ということで、ご心配おかけしましたが…

娘も私も復活ーー!やはり健康が一番ですね^^

 

先週を挟んで、先々週の続きとなります。

 

そんな健康や病気ともうまく付き合っていかないといけない

私たち人間!!

そして子どもたちも小さい体ながらも

うまくやっていかないといけません。

この小さな身体で、よく頑張りましたww

この小さな身体で、よく頑張りましたww

しかし、なるべくかからない方がいいですし…

かかるとその感染力などで懸念される病気も沢山あります。

 

それを小さい時から予防する為に

「予防接種」というのがあります。(その1で話しました。)

 

その中でも重要で、必ず受けた方がいいのが…

 

「定期接種」

 

今回はそれについて少し詳しく見ていきましょ。

 

「定期接種」には主に…

日本脳炎・BCG(結核)・二種混合(はしか麻疹)・ヒブ・肺炎球菌・四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)

泣いても喚いても…そこは我慢で頑張る予防接種

泣いても喚いても…そこは我慢で頑張る予防接種

なんだかよく聞くけど…あまり馴染みのない病気。

 

そう、それが予防接種…それも定期で受けるべき予防の病気なので…

これらが流行っていて、馴染みがあると…マズイです。。。

 

日本脳炎

日本脳炎ウイルスに感染した豚の血液を吸った蚊を介して日本脳炎ウイルスが人の体の中に入る、かかってしまうと重大な病気。感染すると約100~1000人に1人が発症し、その15%が死亡するといわれています。

 

日本では、1960年代には年間1000人程度の患者が発生していたが、1967年(昭和42年)~1976年(昭和51年)にかけて小児及び高齢者を含む成人に積極的にワクチン接種を行った結果、劇的に減少し、94年に定期接種となり、2013年では9人であった。

 

ワクチンは…日本脳炎ワクチン(不活化ワクチン)
第1期は生後6か月から接種できますが、多くの地域では3歳からの接種となっています。かかりつけの小児科医と相談のうえ、お住まいの地域なども考慮のうえ接種してください。第2期は9歳から12歳に1回接種します。ということは2回接種となります。

【訂正】標準的な接種スケジュールは、「第1期:3歳から4歳までに6日~28日の間隔をおいて2回、その後概ね1年の間隔をおいて、4歳から5歳までの間で1回接種。第2期:9歳から10歳までの間に1回接種」でした。申し訳ございません。

豚さんから蚊へ、そして人へ。

豚さんから蚊へ、そして人へ。

結核

結核菌によって肺が感染し、患者がせきやくしゃみをした時に飛沫(しぶき)とともに飛び散った結核菌を吸い込むと感染し、肺や脳を包む髄膜(ずいまく)などについて、炎症をおこします。風邪に似て症状で、重症化すると長く咳が続き肺結核になることもあります。

 

かつて日本では結核は国民病・亡国病とまで言われるほど猛威をふるった。しかし過去の病気ではなく、そこから至る所へ影響を与える病気で、現在でもその結核関係の病気にかかっている人は多い。

 

ワクチンは…BCGと言われるBCGワクチン(生ワクチン)

所謂、スタンプワクチン。2013年4月から生後11か月(1歳未満)まで定期接種で受けられるようになった。以前はツベルクリン反応の注射を計3回行う方法だったが、2005年から変更となり、1回接種でよくなった。

こんな感じの症状にはご注意!!

こんな感じの症状にはご注意!!

はしか麻疹

麻しんウイルスによっておこる、感染力がたいへん強く命にかかわる合併症を引き起こすことも多い、たいへん重い感染病。脳や神経系の合併症を引き起こすと、命にかかわるような大きな病気へと繋がる。欧米や韓国では撲滅されましたが、日本ではいまだに10代~20代の方の感染が目立つ。

 

日本では、平安時代以後度々文献に登場する疫病の一つ「あかもがさ(赤斑瘡/赤瘡)」は今日の「麻疹」ではないかといわれ、江戸時代には13回の大流行が記録されており、1862年の流行では江戸だけで、約24万人の死者が記録されている。

 

ワクチンは…MR(二種混合)ワクチン(生ワクチン)

ワクチンを接種しておけば、かかったとしても重症になることはまずありません。定期接種では1歳と小学校入学前に2回接種となります。

 

ヒブ感染病

ヒブ(ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型:Hib)による感染症で、小さな子どもがかかる重大で命にかかわる感染病。ヒブが鼻やのどから入って、脳を包む髄膜(ずいまく)、のどの奥の喉頭蓋(こうとうがい)などを起こす。

ヒブが脳を包む髄膜について炎症を起こす細菌性髄膜炎は脳の中にも膿がたまったり(膿瘍)、脳脊髄液(のうせきずいえき)が増えたり(水頭症)することもあります。早期の症状は熱と不機嫌くらいで、血液検査をしてもかぜと区別できないことも多いのです。このため診断が遅くなりがちです。その後、ぐったりする、けいれん、意識がないなどが出てきます。そのうえ、抗菌薬が効かない耐性菌も多く、治療は困難です。亡くなる子どもも2~5%いて、脳の後遺症が30%くらいに残ります。また、後遺症が無いように見えても、中学生頃に軽度の知能低下が分かることもあります。また喉頭蓋炎になるとたいへん重症になり、空気の通り道が狭くなり窒息して死亡することも少なくありません。

 

日本ではヒブに感染した子どもたちのうち、毎年600人(ほとんどが5歳未満で半数は0~1歳)が重症感染症で発症して、その20~30人が死亡し、後遺症を残す子どもが100人以上います。2013年以前の報告の集計などはなく、近年新たに危機感を強めた病気の1つでもあります。

新たな病気やウィルスへの入り口は簡単ながらも、閉じるのは難しい。

新たな病気やウィルスへの入り口は簡単ながらも、閉じるのは難しい。

ワクチンは…ヒブワクチン(不活化ワクチン)

ヒブワクチンは世界から20年も遅れて2008年に発売になり、2013年度から定期接種となる。生後6か月以降からかかる赤ちゃんが増えますので、『生後2か月のお誕生日』になったらできるだけ早く接種を推奨。ワクチンの接種回数は初回を接種する月齢・年齢により異なり、標準的なスケジュールは生後2か月から6か月までに初回接種を開始し、合計4回接種します。

 

あっ…少しのつもりが詳しく長々とww

 

読みづらくてすみません><

 

しかし「知っておく」のと「知らない」とでは…

大違いなので、何かの時に何かの参考になれば幸いです。

 

ということで次回は残った病気をみていきます。

 

#51「子どもと予防接種と病気と…」その3に続く。

【毎週火曜日正午更新】

※情報は2015.2.24時点のものです

やのっちパパっち 矢野浩樹

福岡県朝倉市出身。大学卒業後、独学で保育士資格を取得。その後、学童保育指導員・保育士・子育て支援アドバイザーを経て…現在も子どもや若者育成の仕事に携わる。常に子どもたちと触れ合うここ数年。プライベートでも福岡などで多方面に活躍中。(マダガスカルのクバーラなど)、2014年1月31日に待望のパパとなる。これまでに保育士として幼児と関わり、アドバイザーとして「子育てとは?」を唱えてきたそんな「ド素人以上プロ以下の新米パパ」の子育てコラム。毎週火曜昼下がりに更新中!

 

関連タグ

この記事もおすすめ