「残念な夫。」というドラマから学べ!その2~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#53

1982年1月21日、午後3時26分 この世に生まれ…早33年。

2014年1月31日、午後1時8分 娘が生まれ…パパとなる。

そんな新米パパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。

 

今回も物語も佳境に差しかかっているドラマ

「残念な夫。」についてです。

 

<番組説明>

2015年1月14日から毎週水曜日22:00 に、フジテレビ系の「水曜10時」枠で放送されている日本のテレビドラマ。主演は玉木宏。放送当時に社会問題となっていた、夫婦円満だった家族が出産をきっかけに関係に亀裂が入り、終いには離婚にまで発展する「産後危機」と呼ばれる現象をテーマとし、父親らしい進歩がなく、家族からも疎遠になってしまう夫が「理想の夫」を取り戻すまでの姿をコメディータッチで描くホームドラマである。(wikipedia引用)

行政などもこれに便乗して、こんなポスターも。うん、面白い!!

行政などもこれに便乗して、こんなポスターも。うん、面白い!!

前回は第5話の奥さんが働き出して話を元に

話しましたが…今回初回の話へ。

 

この初っ端で、一気に色々な意味で話題になりましたww

 

もともと仕事も出来て、イケメンな夫が…

子どもが出来て、残念な夫へとなってしまったところからのお話。

 

今回も「あるある」事情が沢山。

その「あるある」を拾って話していこうと思います。

さ~残念な夫あるあるを言いたい~~!!早く言いたい~~ww

さ~残念な夫あるあるを言いたい~~!!早く言いたい~~ww

子どもが出来て、これからお金がかかるので…夫は今まで通りに自分の好きなものを無駄に集め、浪費が続く。→小遣い制度にする奥さん。→それを阻止しようとする夫。

 

確かに今まで通りのお金の使い道はできません。

しかし男というのは、そんなに一気に変われない。

しかし女性は一気にママモードとなり、対応していきます。

 

いや~分かる。私も色々と集めたりするのは好きでしたが…

徐々に減らしていきましたww(漫画とかCDとか)

すみません。これだけは辞められてませんww

すみません。これだけは辞められてませんww

結婚記念日に19時までに帰ると約束。→しかし夫は仕事で帰宅が遅れる。→プレゼントをもって帰宅。→しかし奥さんは激怒!一気に子育てを手伝ってくれない日々の不満が爆発!

 

仕事で遅れてしまうこともある。それは仕方ない。

でも「仕事は大変なんだ!」という言葉は子育て中のママさんにとっては…

カチンとくる言葉のひとつでもあると思います。

 

プレゼントやなんやかんやも嬉しいけど…

何よりも子どもの為にしてくれることが、この時期は嬉しいと思います。

 

ケンカ後、奥さんは子どもが生まれた時の出産映像を見ながら涙する。記念日なので2人で見ようと思っていた。→その出産時、夫は立ち会いながらもその壮絶なシーンを見て倒れてします。

 

立ち会い…私もしました。(その話はまたいつか)

確かに壮絶で、苦手な人は苦手だとは思います。そう簡単な気持ちじゃもちません。

 

奥さんにとっては大切な瞬間。自分の命をかけての出産。

あの頑張りなど生命の誕生はものすごいです。

だからこそ夫はその想いをしっかりと分かっていないといけません。

ほんと生まれた瞬間のあの想いは壮大かつ神々しいです。

ほんと生まれた瞬間のあの想いは壮大かつ神々しいです。

その後仲直りし、子どもの寝顔を見て和む。→思わず夫がほっぺを触ると起きてしまう。→起きてしまい大泣き、おしっこまでしてします。→夫が自分でどうにかしようとするが何もできず慌てる。→結局、奥さんに渡しひと息する夫。

 

まだまだ子どもが生まれてばかりとなると…

泣かせるのも一苦労。布団に置けば泣いて、抱き方がイマイチなら泣いて…

まさに格闘でもあります。

 

やっと寝たと思った所、夫の何気ない物音などで起きてしまい、起こした夫では寝なく…また寝かせる格闘が始まる。それ~爆発します!!

ほら~こうやって泣きます。そしてまたママのもとへ…すみませんw

ほら~こうやって泣きます。そしてまたママのもとへ…すみませんw

そんな感じに始まった「残念な夫。」

 

徐々に話も進み、元カノが出たりDV問題や浮気なども出て…

少しずつ「ザ・ドラマ」の方向になって来ましたww

(個人的にはもっとありがちな話で良かったんですけど。)

 

でも、ま~ドラマはドラマですが…

きっとこのドラマでいう玉木さんみたいな残念な夫は

ゴロゴロといると思います。

 

しかし、しっかりとやっている夫さんも

ゴロゴロといると思います。

 

イクメンイクメンとか言わなくても…

ちゃんとやっているパパさんたちのその

「当たり前」に光が差す事を私は望みます。

光差す位に普通に頑張っているパパさんたちもいるんです!!

光差す位に普通に頑張っているパパさんたちもいるんです!!

「残念な夫。」というドラマを見ながら…

学べるとこも沢山ありますが、改めて自分の見直すにはちょうどいい!!

 

私もまだまだです。

 

当たり前を当たり前にでき、残念にならないように日々精進です!!

 

⇒#54「緊急ニュース?パパ育休取得80%へ?」につづく

【毎週火曜日正午更新】

※情報は2015.3.17時点のものです

やのっちパパっち 矢野浩樹

福岡県朝倉市出身。大学卒業後、独学で保育士資格を取得。その後、学童保育指導員・保育士・子育て支援アドバイザーを経て…現在も子どもや若者育成の仕事に携わる。常に子どもたちと触れ合うここ数年。プライベートでも福岡などで多方面に活躍中。(マダガスカルのクバーラなど)、2014年1月31日に待望のパパとなる。これまでに保育士として幼児と関わり、アドバイザーとして「子育てとは?」を唱えてきたそんな「ド素人以上プロ以下の新米パパ」の子育てコラム。毎週火曜昼下がりに更新中!

この記事もおすすめ