もう3歳、まだ3歳 三寒四温(?)の成長に一喜一憂の毎日

ようやく春らしい気候になりました。

今年は特に春が待ち遠しかったような気がします。

寒かったり、暖かかったりを繰り返しながら、寒い冬から、春へ。

子どもも、「成長したなあ」と思いきや、赤ちゃん返りのような行動を見せることも。

「三寒四温」と子育てって、ちょっと似ているかも…

2月に、娘も3歳になりました。

もう3歳、まだ3歳。二つの気持ちが混ざっています。

2歳半からの成長は目覚ましく、体も心もグンと大きくなりました。

顔も赤ちゃんっぽさが抜けて、すっかり「幼児」です。

 

先日、とてもうれしいことがありました。

1年ぶりに中耳炎を発症し、耳鼻科に連れていったのですが、食後に薬を飲むとき、

これまでは粉薬を水に溶いたものをスポイトで飲ませていたのですが、今回はコップに入れました。

そして「これを飲んだら、お耳が痛いのが治るよ」と言ってコップを渡したら、戸惑いながらも飲み干したのです!

私の中では、すごいニュース。

思わず拍手して、ごほうびに娘の大好きなヤクルトをあげました。

 

「3歳過ぎたら、子育てがグンと楽になるよ」

周囲の人たちが、口をそろえてこう言いますが、その気持ちが分かったような気がします。

私のなかでの「春、到来」でした。

待ちに待った春の兆しかな!?

待ちに待った春の兆しかな!?

でも大変なこともまだまだたくさん。

着せたい洋服は着ないし、イヤイヤは激しいし、夜もなかなか寝ない。

こちらが眠くなって、ついイライラして声を荒らげてしまいます。

わざと困らせているんだなと思うと、よけいイライラして、叱ってしまう。

「まるで兄弟げんかみたい」と夫から笑われることもあります。

 

おしっこはトイレでしてくれるようになったのに、ウンチは絶対せず、パンツに出してしまう。

毎晩、汚れたパンツを洗いながら「いつまでこんなことしなきゃいけないんだろう…」と落ち込みます。

 

寝かしつけが、またひと仕事!

こっちは明日の仕事に備えて少しでも早く寝たい。

寝る前に家事を済ませてしまいたい。

新聞をちょっとでも読んで寝たい。

そんなときに限って、まるでこちらの気持ちを見透かしているかのように、

子どもはなかなか寝ないんですよね…

本を読み聞かせたりして、やっと眠ってくれた瞬間、ホッとします。

そして寝顔を見たとき、それまでのイライラがどこかへ飛んでいってしまう。

この瞬間があるから、子育てをやっていけるんだろうなと思います。

穏やかな天気の日曜日、久しぶりに家族で福岡市動物園へ。

大好きなゾウやキリン、ペンギンなどを見て大喜び。

夕飯のときや、寝る前には「クマちゃん、ぐるぐる回ってたね」「ライオンさん、寝てたね」と、何度もうれしそうに振り返っていました。

坂の多い敷地内を歩き回り、私はクタクタになりましたけど…

(よんじゃママ)

※情報は2015.3.18時点のものです

この記事もおすすめ

ファンファンユース最新号はこちら
プレゼント応募はこちら
ふくおかで学ぼう
ごちそうキッズ食堂

一押しコンテンツ

ファミリーランキング

今日の♡人気No.1