結婚3周年月間!我が子が生まれたその瞬間…その2~やのっちパパ#65

『家族、親族、友人がまさにその時を待ちに待っていました!!』

さ~いよいよお披露目の時。どっちかな??(すぐに分かってましたが)

さ~いよいよお披露目の時。どっちかな??(すぐに分かってましたが)

1982年1月21日、午後3時26分 この世に生まれ…早33年。

2014年1月31日、午後1時8分 娘が生まれ…パパとなる。

そんな新米パパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。

 

6月は記念月間

私たち夫婦もそうですが、家族にとっても大切な月。

 

2013年の6月3日にお腹に新しい命が宿っているという

報告を受け…早数カ月…。

 

順調に育ち、性別も予定日も大体分かってきた頃からの

お話!!

 

その年の年末とともに、奥さんは産休へと入りました。

このマークを付けている女性は妊婦さんの証です。

このマークを付けている女性は妊婦さんの証です。

そこで出てくるのが、出産後のどこでしばし過ごすか?

所謂「里帰り」というもの。

 

生まれたばかりの子どものこともそうですが…

命がけで出産をした奥さんの体調などもあります。

 

ほんとまさに「命がけの命の誕生」

その身体や体力の消耗は激しく…日常のことや家事など

仕事で私がどうしても外にいますので…大きな負担となります。

 

だからこそ…

少しの間、奥さんの実家に里帰りという流れもあります。

 

しかし…我が家はなんと私の(旦那)の実家に流れとなりました。
(まっ色々な事情もありまして…その辺のことはまたいつかww)

奥さんと父…仲良くリビングで団欒中。しかしこの数時間後…

奥さんと父…仲良くリビングで団欒中。しかしこの数時間後…

ということで…

何かあってはいけないということで、出産予定日の一週間前に

夫婦共々、私の実家へしばしお世話になることとなりました。

 

その時、予定日は14年の2月4日ぐらいでした。

なので1週間前の1月30日の木曜に実家へと戻りました。

 

実家ではすでに歓迎ムードww

私自身約2年ぶりの実家生活となります。

 

それまでにすでに張り止めの薬も終わり…

ある意味いつでも生まれてきていい状態でもありました。

 

その数日から「明日かも…」「明日かも…」という報告はしていたのですが、

そうはいかずでしたが…なんと実家に帰ったその日というか夜中に起きました。

 

その当時の実況中継をどうぞww

まさに生中継のように…興奮さながらの中継となりますw

まさに生中継のように…興奮さながらの中継となりますw

・2014.1.31.00:10

今日も何もなく終了ー明日かな?いつまでこのセリフ言うかな?あはは(笑)

実家で過ごす生活に突入ーー!やはり家族がいると、奥様になにかあった時に安心できるし心強いね。ありがたい!

でも、この週末かな。

わかんないけどねーおやすみなさい。

 

・2014.1.31.03:36

夜中にすみません。

ってことはそうです。始まりました。陣痛が…

日付変わる前から少しずつ痛みが…そして間隔が。

きっともうすぐ病院へと行きます。いよいよです。

出来る限り状況は伝えていきたいと思っています。

「奥さんが大変な時に何やってんの!」と怒る人もいると思います。

勿論、出来ることは一緒にやりますし支えていきます。夫ですので!!

しかし1人の人として、この状況を未来の自分や子どもへどんな感じだったか?残していきたいですし、これから親となっていくだろう若者や友達にも…何かしらの出産を迎える時の道標(感情や状況など)を示していきたいです。

だから、できる限り状況などをお伝えしていきたいと思っていますので…

皆さんどうかあたたかい目で応援宜しくお願いします。

どうか奥様と生まれようとする子どもにお力を!

 

・2014.1.31.04:40

病院に来ました。そのまま入院となりそうです。

陣痛が、60分計ったところ…7分間隔で1分ほどの痛みが来ていたのと、微妙な出血もあったので、病院に連絡。そのまま入院となりそうです!

実家に戻っての当日。病院も車で5分…。ちゃんと分かってるんだね!

やはりお腹の中にいる時から、しっかりと家族としての想いが伝わっているようです。

やはりお腹の中にいる時から、しっかりと家族としての想いが伝わっているようです。

・2014.1.31.06:58

陣痛ちゃー相当痛いみたい、身体をさすってやるしかできません。

母というか女性は強し!!

確実にお腹は下がり、陣痛は激しくなっています。

素晴らしい判断で病院に来れたこと、実家に戻れたことに感謝!

さぁーここからどうなる?今医院長による診断中!

 

・2014.1.31.08:30

陣痛が、1分おきに来ては奥様が痛みに頑張り…今さっき陣痛室へと移動しました。

子どもも頑張って下ってきている模様。出口も半分開いています!

2人とも頑張れ(>_<)

まさに「いっしょ」に頑張る想いのもと!!

まさに「いっしょ」に頑張る想いのもと!!

今回はひとまずここまでww

ほんと実家に戻ってきてのその夜に陣痛が来て入院とは…。

 

そして怒涛の時間を過ごし、そして壮絶な出産へと次回続きます。

 

やのっちパパ

 

⇒#66「結婚3周年月間!我が子が生まれたその瞬間…」その3につづく

※情報は2015.6.9時点のものです

やのっちパパっち 矢野浩樹

福岡県朝倉市出身。大学卒業後、独学で保育士資格を取得。その後、学童保育指導員・保育士・子育て支援アドバイザーを経て…現在も子どもや若者育成の仕事に携わる。常に子どもたちと触れ合うここ数年。プライベートでも福岡などで多方面に活躍中。(マダガスカルのクバーラなど)、2014年1月31日に待望のパパとなる。これまでに保育士として幼児と関わり、アドバイザーとして「子育てとは?」を唱えてきたそんな「ド素人以上プロ以下の新米パパ」の子育てコラム。毎週火曜昼下がりに更新中!

この記事もおすすめ