【DIY】有孔ボードで子供用スペースを作る

ホームセンターなどで購入できる板のひとつで、穴が等間隔に開いた板を有孔ボードといいます。

これが誰でも簡単にDIY(日曜大工)できると人気です。

インテリア雑誌などにも10年以上前からおしゃれアイテムとして掲載され続けていますが、その人気は変わりません。

機能的でずっと使えるので「何か一つインテリアを変えたい!」という場合、特におすすめのアイテムです。

今回は有孔ボードを使って子ども専用スペースを作りました。

【用意するもの】
有孔ボード(91cm×91cm×厚さ5mm)、有孔ボード用フック7個(またはS字フック)、缶3個、木製ウォールラック2個、テーブル(縦30cm×横50cm×高さ35cm)、コーヒーの麻袋

【作り方】
①有孔ボード用フック(またはS字フック)を、右上部の3箇所に引っ掛け、そこに缶を下げます。

②①と同じように、木製ウォールラックを上下に2段下げます。

③麻袋を左側に掛け、テーブルを置き、有孔ボードを壁に立てかけて完成。

缶にはクレヨンや色鉛筆などの散らかりがちな文房具を入れました。

コーヒーの麻袋は最近流行りのアイテムで、コーヒー専門店などに行くと無料や数百円で入手することができます(珍しいものの中には高いものもあるようです)。

工具を一切使わず組み立てるだけなのであっという間にでき、子供も喜んでこのスペースでお絵かきや工作を楽しんでくれています。

子供用だけでなく、有孔ボードは穴が均等に開いているのでいろいろな目的に応用できます。

手芸など手作りが趣味の人は工具を掛けたり、飾り棚をつければ植物や小物を飾ったりできます。棚をしっかり固定すれば、本やバッグなども飾りながら収納できます。

※情報は2015.9.25時点のものです

中園直美(おテツママ)

DIYをこよなく愛する主婦です。フェイクグリーンも大好き。西日本新聞朝刊 毎週水曜の生活面「おうちスパイス」のコーナーで定期的にDIY記事掲載中!

関連タグ

DIY

この記事もおすすめ