働くママの「ご飯のしたく」事情 強い味方はタジン鍋!!

初めまして。

もうすぐ2歳になる娘の子育てをしながら、仕事に家事にてんてこ舞いの日々を送っている「よんじゃママ」と申します。

このたびご縁をいただき、日々感じたことを書かせていただくことになりました。

よろしくお願いします!

 

いま、一番の悩みは「ご飯のしたく」。働いていると、どうしても手間がかかる料理をためらってしまい、品数も少なくなります。子どもが台所で遊び始めたりして、炊事が中断することもしばしば…

働くお母さんたちは、どうやって炊事をこなしているの?と、聞いてみたいです。

 

子どもが生まれてから、わが家でたびたび登場するのは、この「タジン鍋」。

何年か前、ブレイクしましたよね!最近ではあまり店頭で見かけませんが…。

私は4年前に、会社の先輩から結婚祝いにもらいました。

これまでも時々使ってはいたのですが、育児休業から復帰した昨年3月からは、大活躍!

15分程度火にかけるだけで、野菜が軟らかく、甘~くなるのです。

私はニンジン、ブロッコリー、かぼちゃ、パプリカ、さつまいも、まいたけ、鶏肉、海老などを入れています。スタミナをつけたいときには、ニンニクスライスも…

水を50CCほど入れて火にかけ、タイマーを15分にセットして、出来上がり!

ふたを開けたときの鮮やかな色彩を見ると、気分もHappyになりますよ。

とにかく野菜の甘みが強い!そしてホックホク!

ゆでるよりも断然、おいしいです。

ノンオイルなので、あっさりしていて、いくらでも食べられます。

ゴマだれ、ぽん酢、マヨネーズなど、お好みのたれでどうぞ。

 

週末はたいていタジン。子どもも、喜んで食べてくれます。

鍋の形にも、なんとなく愛着がわくのです。

テーブルに鍋を置くと、おしゃれな食卓に変身するのもうれしい!

 

働くママの強い味方、タジン鍋。

「以前買ったけど、なかなか使わなくて…」という方もいらっしゃるかも。

ぜひ、使ってみてください。野菜嫌いのお子さんも、きっと食べてくれるはず!

最近、頭でドアを閉めるのがマイブームの娘。日々、新しい技が増えて、楽しませてもらっています♪

最近、頭でドアを閉めるのがマイブームの娘。
日々、新しい技が増えて、楽しませて
もらっています♪

【よんじゃママ】

※隔週木曜日更新(次回は2月27日の予定です)

※情報は2014.2.13時点のものです

この記事もおすすめ