博多の食と文化の博物館『ハクハク』で、オリジナル明太子を作ってきた!

福岡と言えば明太子!

日本で初めて明太子を製造・販売した「ふくや」の工場兼「博多の食と文化の博物館」でもある『ハクハク』に行ってきました。

「ふくや」と言えば、2013年に博多華丸さん主演のドラマ「めんたいピリリ」のモデルにもなった福岡を代表する企業ですよね。

アビスパ福岡ファンにとっては、アビスパ福岡の状況が苦しい時にいつも支えてくれた存在でもあります。本当にありがとうございます!

外観

外観

ちょっと入くんだところにありますが、外観のインパクトは大。

ミュージアム、工場見学、体験工房、カフェ、ショプという構成です

ちなみに皆さん、「明太子」と「たらこ」の違いってご存じですか?

ふくやのホームページによると、

【たらこ】・・・スケトウダラの卵を塩漬けしたもの
【明太子】・・・スケトウダラの卵を塩漬けしたもの(たらこ)を唐辛子を主原料とする調味液に漬込んで味つけしたもの

だそうです。

要するに、「たらこ」を加工したものが「明太子」ってことですね。

ではでは、早速オリジナル明太子作りに入ります。

ケース、マスク、キャップ

まずは準備から。

キャップは深々と・・・

キャップは深々と・・・

すっぽりとキャップを被り、マスクを装着します。

実際に工場で使っているものと同じキャプとマスクだそうです。

手洗い

手洗いをして・・・

 

明太子

たらこ

まずはたらこを取り出します。

基礎調味料

基礎調味料

赤い液体が明太子作りに必要な基礎調味料。

上→秘伝の調味料、左→胡麻、右→唐辛子です。

唐辛子と胡麻はお好みで・・・

秘伝の調味料

秘伝の調味料

よく見ると上下で2層に別れている秘伝の調味料。

約90名ほどの工場スタッフの中でもこの秘伝の調味料の作り方を知っているのは、なんと「2名だけ」だそうです。

まさに、ふくやの「魂」ですね!

オリジナルトッピング

オリジナルトッピング

胡麻の他にも、ブラックペッパーやわさびを入れることができます。

自分オリジナルの明太子が作れますよ。

秘伝の調味料に浸して・・・

秘伝の調味料に浸して・・・

 

ひたひたに

ひたひたに

こんな感じで仕上がります。

しっかりと括って

しっかりと括って

 

箱に入れて完成

箱に入れて完成

2日後が食べごろとのことです。これは楽しみです!

ちなみにこの秘伝の調味料は明太子を出した後、別の料理に二次利用ができるそうです(レシピも教えていただけますよ~)。

この「オリジナルの明太子作り」は1人=1500円(税込)でした!

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ